中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

この記事ではドメイン業者「ゴーダディー」で購入したドメインを、「エックスサーバー」のレンタルサーバーに紐付けする方法をご紹介します。

▼中古ドメインを「ゴーダディー」で購入した記事です。

被リンク対策 中古ドメインを海外業者【ゴーダディー】で購入

ドメイン、サーバーの関係

まずは簡単にドメインとサーバーの関係を知っておきましょう。

家に例えると簡単にわかる。

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

・「ドメイン」→ 住所
・「サーバー」→ 土地
・「ワードプレス」→ 建物

家を建てる時、【土地 → 建物 → 住所】の順になりますが、サイト運用は基本【住所 → 土地 → 建物】の順になります。

ドメインはすでに取得しているので、次はレンタルサーバーの順です。

「サーバー」は土地なので、まずは土地を借りてそこに家を建てるイメージです。

中古ドメインをエックスサーバーに紐付ける方法

ゴーダディーで購入したドメインをエックスサーバーに紐付させる方法です。

やることは2つ。

  1. ネームサーバーの変更
  2. ドメイン追加設定

1. ネームサーバーの変更

「ゴーダディー」で取得した中古ドメインのネームサーバーを、「エックスサーバー」のネームサーバーに変更します。

「ゴーダディー」マイアカウントのトップ画面 →「ドメイン」

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

DNS管理画面へ

「DNS」→「管理ゾーン」

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

ドメイン名入力

検索バーに自分の取得したドメイン名を入力して、選択

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

ネームサーバー入力準備

「自身のネームサーバーを入力(高度)」を選択

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

ネームサーバー追加

「ネームサーバーを追加」を選択

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

ネームサーバをコピペ

ここに「エックスサーバー」のネームサーバをコピペします。

※「エックスサーバー」のネームサーバ確認方法はこの後に書いています。

最初の設定では入力が2枠になっています。「ネームサーバーを追加」でサーバー入力できる枠を5つに増やしましょう。

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

入力が終わったら「保存」。

「エックスサーバー」での
ネームサーバー確認方法

「エックスサーバー」のサーバーパネル→「サーバー情報」

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

赤枠の部分を先ほどの「ゴーダディー」の方へコピペしましょう。

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

ネームサーバ変更完了

登録したEメールアドレスに「ネームサーバー変更」のお知らせが届きます。

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

ネームサーバー変更から次の「ドメイン追加設定」までは約24時間待ったほうが良いです。

次のドメイン追加設定にてエックスサーバー側で無料独自SSLを設定するのですが、ネームサーバー変更からある程度の時間が必要です。

2. ドメイン追加設定

「ゴーダディー」で購入したドメインを、「エックスサーバー」で管理できるようにドメイン追加設定をおこないます。

「エックスサーバー」のサーバーパネル → ドメイン設定

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

取得ドメインを入力

ドメイン追加設定で、「取得したドメイン」を入力

入力したドメイン下の、「無料独自SSLを利用する・・・」、「高速化・アクセス数拡張機能・・・」はチェックしたままでOKです。

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

「確認画面へ進む」を選択。

確認画面

「追加する」を選択。

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

完了画面

完了です。

中古ドメインを「エックスサーバー」ホストに紐付ける方法

以上ですべての作業が完了しました。

あとはワードプレス(建物)のダウンロードをして、サイト構築していきます。



おすすめ記事