読者が大満足!読んでもらえるブログの書き方「7つ」のヒント

わかりやすいブログ の書き方|「読者」にも「SEO」にもやさしくしよう!

効果的な文章を書くことは、科学であると同時に芸術でもあり、ライティングも例外ではありません。

ブログを持つことは読者とつながりを持ち、自分の知識を共有するための素晴らしい方法です。

また、特定の分野の専門家としての地位を確立する方法でもあります。

世間では毎日1000万件もの記事が公開されています。その中であなたはどうやって目立つのでしょうか?

読者が求めているものを確実に提供し、あなたのサイトに留まってもらい、他のサイトに行かないようにするには?

検索エンジンにも認めてもらえるようなSEOの記事とは?

それには記事の構成がいかに重要であるかということです。

ブログを書くことは、小説を書くことよりもエッセイ(気軽に自分の意見などを述べた自由な文)を書くことに似ています。

読んでもらえるブログの書き方

1. 明確な導入部を持つ

読者が大満足!読んでもらえるブログの書き方「7つ」のヒント

ブログ記事には、その記事が何についてのものかを示す明確な序文が必要です。

ライターの中には、逸話や、自分がそのトピックの権威である理由を説明する人もいます。

物語から始めるかどうかは、読者によって異なります。ストーリーを好む人もいれば、嫌いな人もいます。

イントロは、相手が読み続けるべき理由を明確にする場所です。

書き始めるときには、読者のどんな問題を解決しようとしているのかを自問しましょう。その問題に焦点を当てます。

例えば、この記事ではブログ記事の構成について書いています。

キーワードリサーチやプロモーションについては触れていません。コンテンツそのものに焦点を当てています。

ここで、キーワードの調査をすることが特に役に立ちます。

キーワードを設定することで、記事の焦点が定まり、話が脱線することが少なくなります。

あなたの伝えたいキーワードが最初の100語(タイトルは含まず)に含まれていれば、さらにポイントが高くなります。

2. 見出しを使う

読者が大満足!読んでもらえるブログの書き方「7つ」のヒント

人間の平均注目度はわずか8秒です。

つまりあなたがどれだけ記事に力を入れていても、ほとんどの人は記事を読むだけの注意力がないということです。

では、どうすれば彼らの注意を引くことができるのでしょうか?

見出しです。

見出しがあればユーザーは記事に目を通し、最も興味のあるポイントに出会うことができます。

見出しはユーザーの食欲をそそるには十分ですが、それ以上ではありません。

見出しは短く。長ければ長いほど、読者がざっと読むのが難しくなります。

小見出しは関連するキーワードを入れるのに適した場所でもあります。

見出しには小見出しがあり、その小見出しにはさらに小小見出しがあります。

欲を言えば小見出しをロシア人形のように並べることもできますが、夢中になりすぎないように注意してください。

まとまりのない見出しはSEOに影響を及ぼします。

3. 文章を短くする

読者が大満足!読んでもらえるブログの書き方「7つ」のヒント

文章が短ければ短いほど、簡単に読み進めることができます。

文章を長くするのではなく、読者が記事を消化しやすいよう適切な場所で文章を分割することが大切です。

文章が長くなると、ざっと読むのが大変になります。

また、モバイルでのサイト記事は見栄えが悪くなりがちです。完成した記事はモバイル画面でチェックしましょう。

モバイルでの見た目が悪いと、Googleはモバイルとデスクトップの両方のランキングを下げます。

4. わかりやすい表現で書く

読者が大満足!読んでもらえるブログの書き方「7つ」のヒント

ブログ記事には複雑な比喩表現は必要ありません。

文章が長く、複雑になればなるほど、読者の注意を引くことは難しくなります。

シンプルにしましょう。常にです。

1つの文章に1つのポイントがあるということです。意味のない文章は捨ててください。

文法のルールを破ることにもなります。

例えば「、」を使う場所に「。」を使ってみる。

分かっています。それが苦痛なのは。

しかし読者の体験は、常に文法上の制約よりも優先されるべきなのです。

5. 自分の声を使う

読者が大満足!読んでもらえるブログの書き方「7つ」のヒント

これは多くの人が忘れがちなことです。

確かにほとんどの記事内容は過去にも書かれているものです。

しかし、あなたのコンテンツの強みは「あなた」です。

あなたの声、あなたの意見、そしてあなたの経験なのです。

それらをコンテンツに加えることで、コンテンツを際立たせることができるのです。

6. 説得力のある画像を使う

読者が大満足!読んでもらえるブログの書き方「7つ」のヒント

記事に関連した画像を使用することで、ブログ記事が簡潔になり、オーディエンスの注目を集めることができます。

また、きれいな画像はスクロールしている人の目を引き、立ち止まる理由にもなります。

読者を記事に長く留めることができれば、SEOにも効果があります。

ただし記事に使用する画像は、記事の内容と関連している必要があります。

7. 結論を出す

読者が大満足!読んでもらえるブログの書き方「7つ」のヒント

エッセイのように、最後に自分の言いたいことをまとめた「結論」を出しましょう。

ここでは新たな事柄を持ち込んだりする必要はありません。

結論ではすべての重要なポイントを、きれいにまとめるようにしてください。

そして最後に何らかのコールトゥアクション(行動喚起)をする。

ブログを書くのはとても良いことですが、あなたはなぜブログをやっているのでしょうか?

メーリングリストへの登録?コメントを残す?投稿をシェアしてもらう?

この記事情報と引き換えに、読者に何をしてもらいたいのでしょうか?

記事の最後のコールトゥアクションは、明確で直接的なものにしましょう。

コールトゥアクションは1つだけにしましょう。多ければ多いほど、読者が何か行動を起こす可能性は低くなります。

まとめ

読者にやさしい記事とは、わかりやすい文章を提供することです。

看板やメニューの出ていないレストランはスルーされがちです。

乱雑に陳列され、プライスタグのない商品を売っている個人商店に入りたいと思いますか?

読者には、SNSにないブログの良さを楽しんでもらいましょう。

そうすることで、自然にSEOにも強い記事になっていることでしょう。


リファレンス|The Writer’s Cookbook:How to Structure a Blog Post

おすすめ記事