成功するブロガーのSEOとは?|SNSに負けない記事をつくろう

「ブログライター」のためのSEO|SNSに負けないブログ記事

大きなサイトであれば、Googleのランクを上げるのはとても簡単で早いです。

小規模なサイトや新しいサイトでは、気合と努力が必要です。

ではSEO対策を強化するにはどうすればよいのでしょうか?

SEOは「ブログライター」にとって
重要なのか?

「ブログライター」のためのSEO|SNSに負けないブログ記事

ブランドを構築する必要があります。

そうなることで読者があなたのことを知り、信頼します。

他のライターではなく、あなたに時間を使う価値があるとわかります。

読者との関係が深まることで、あなたのサイトに再訪し、他の人に勧めてくれる可能性が高くなります。

自分のスキルを示す

あなたが本を売り始めたとします。

あなたの本は売れません。

それでも読んでみたいと思うリストに入るかもしれません。

リストに載るまでに時間がかかるかもしれません。

あなたのことを知り、あなたの本の内容を知れば知るほど、あなたの言葉にお金を使ってくれる可能性が高くなります。

ノンフィクションなどを書いている場合、特定のキーワードをターゲットにすることで、その分野に精通していることをアピールできます。

そうすることで、そのジャンルに興味のある人たちを惹きつけることができます。

ブログのSEOを高める方法

「ブログライター」のためのSEO|SNSに負けないブログ記事

SEOプラグインを使う

完璧とは言えませんが、Yoastはキーワード・タイトル・メタディスクリプション・SNS用の画像の選択を簡単に行うことができます。

ワードプレスを使っている人は無料でこのプラグインを使用できます。

意味のあるキーワードを選ぶ

キーワードは、あなたの伝えたいことを反映したものでなければなりません。

現在、検索の5つに1つは音声検索です。音声検索に最適化することで、すでに多くの競合他社よりも優位に立つことができます。

また単語だけではなく、長いフレーズをターゲットにするようにしましょう。

私が何年もの間、最も人気のあった記事は「サイコパスの書き方」でした。

これは単に記事のタイトルだけでなく、キーワードでもあります。

もし私が「サイコパス」だけで順位を決めようとしていたら、検索エンジンはもちろんのこと、「読者に記事の内容を説明する」こともできなかったでしょう。

キーワードは説明的で明確でなければなりません。

私はキーワードリサーチに「Keywords Everywhere」を使っています。ブラウザーにChromeを使っている人は簡単に導入できます。

関連キーワードを含める

キーワードを何度も何度も投稿するのはやめましょう。

キーワードを詰め込みすぎると、アクセス流入を失うことになります。

なぜでしょうか?

Googleはキーワードを詰め込むサイトにペナルティを与えるからです。

代わりに、関連するキーワードを使用してください。

例えば「本の書き方」というキーワードであれば、「小説の書き方」などです。

これらのキーワードは、検索エンジンがあなたの投稿に文脈を加えるのに役立ちます。

読者が読む際にも繰り返しが少なく、文章全体が読みやすくなります。

古い記事のキーワードをチェックする

私の場合は、恥ずかしながら最悪でした。

私は初期のブログ記事で、「詩」というキーワードでアクセス流入を試みました。

真新しいドメインで、わずかな投稿しかしていないのに、そんなことで順位が上がるはずがありません。

この言葉だけではその記事が何について書かれているかわかりません。

キーワードを「詩を書く」に更新したところ、アクセスが劇的に改善しました。

そして、皮肉なことに、この記事は今では「詩」というキーワードでもランキングされています。

長いキーワードに注目すると、そのキーワードの中の単語やフレーズでも上位に表示されることが多いので、長いキーワードを恐れてはいけません。

長いキーワードで順位を上げることができれば、短いキーワードでも順位を上げることができるでしょう。

画像の名前を変更する

IMG_2345.jpgのような名前で画像をアップロードするのはやめましょう。

検索エンジンは画像を見ることはできません。

ですが、あなたがそれをどのように説明しているかによって画像が何であるかを知ります。

画像の名前を変更しない(またはALTの説明を追加しない)ことで、Google画像検索でのランクイン機会を逃してしまいます。

サイトをHTTPS化する

サイトにHTTPSが導入されていない場合、Google Chromeはそのサイトへのアクセスを拒否します。

サイトにアクセスすると警告が表示され、「このサイトは安全ではなく、データが第三者と共有される可能性があります」と表示されます。

ゲスト投稿(外部リンクを獲得しよう)

外部リンクをお願いするのはあまり好きではありませんが、自分のサイトにリンクしてもらえるようにお願いしてみましょう。

ただし、注意点があります。

それらのサイトは、あなたのブログと同じトピックに関連していなければなりません。

あなたが恋愛ロマンスを書いているのに、ガーデニングのサイトから外部リンクをもらってもメリットがありません。

外部リンクはあなたがその分野の権威であることを示すものです。

外部リンクは、読者や検索エンジンにとって、ニッチな分野で権威を築くための非常に強力な手段です。

ゲスト投稿(寄稿)は、サイトの所有者や視聴者に利益をもたらすため、外部リンクを求めるよりも効果的な獲得方法です。

外部リンクを依頼することを怪しいと考える人が多いですが(私もそうです)、コンテンツマーケターの仕事の一部だと考える人もいます。

あらゆることを記録する

せっかくの努力も、やったことを記録しないと意味がありません。(初期の頃の私のように。)

コンテンツに変更を加えたときにはメモを取り、それがどのような影響を与えるか見守りましょう。

ウェブサイトを訪れる人の数だけでなく、滞在時間、コメントの有無などのインタラクション、ソーシャルメディアでのシェアの有無なども確認してください。

サイトにたくさんのアクセスがあっても、読者の関心が薄ければ意味がありません。

エンゲージメントは、適切な人々を惹きつけている証拠なので、アクセス数よりもはるかに重要です。

ページ滞在時間やサイト滞在時間などの指標は、人々がコンテンツを読み、もっと見たいと思っているヒントです。

Google Analyticsは、これらすべてをトラッキングするための最良の方法のひとつです。しかも、無料です!

効果のあるものをより多く取り入れるが、対象者を忘れずに

学校が私の記事を参考にしてくれるのは嬉しいことですが、彼らは私のターゲットではありません。

結局のところ、小学生が「ライターのための生産性向上」の本を読みたいと思うことはまずないでしょう。

トラフィックがどこから来るのか、その質はどうなのかを念頭に置いて、他にどんなコンテンツを作ればいいのかを考えましょう。

もしあなたのコンテンツが適切な種類の顧客を惹きつけていないなら、同じものを書く価値はありません。

効果のあるものには積極的に取り組み、そうでないものは減らしていきましょう。

増やすことは得意でも減らすことは苦手、またはもったいないと思うかもしれませんが、効果がありますので実践しましょう。

定期的に投稿する

古いコンテンツでも上位にランクインすることは可能ですが、定期的に更新されていないサイトはGoogleに飽きられてしまいます。

Googleは情報を提供するコンテンツと同様に、良質で新鮮なコンテンツを求めています。

できる限り定期的に投稿しましょう。

一度に複数記事を公開して数ヶ月間何もしないより、ブログ記事をストックして数週間にわたってスケジュールを組んで定期投稿する方がはるかに良いです。

調子に乗らない

Googleは何も言わずにアルゴリズムを変えます。

汚いことをしなければ大丈夫ですが、Googleを怒らせるようなことをすれば次のアルゴリズムアップデートでペナルティを受けることになるかもしれません。

まず人のために書き、次に検索エンジンのために書く

検索エンジンはますます賢くなっています。読者も同様です。

SNSや動画コンテンツが主流の今、だらだらと書いただけの記事は読まれません。

読者はあなたのサイトの何が好きか。その好きなものを読者のためにわかりやすく書く。

読みやすさは、SEOの重要な要素でもあります。読者と検索エンジンへ、あなたの文章力をアピールしましょう。

説明上手な文章の構成|SEOにも効果のあるブログになる

まとめ

一人の人に合ったものが、すべての人に合うとは限りません。しかしSEO戦略の基本は変わりません。

読者ターゲットのための優れたコンテンツに焦点を当て、適切なキーワードを使用し、効果のあるものには積極的に取り組み、そうでないものは放棄しましょう。

次はあなたの番です。

あなたはどのような戦略でウェブサイトのオーディエンスを増やしましたか?

あなたの戦略をコメントで聞かせてください。


リファレンス|The Writer’s Cookbook:SEO for Authors

おすすめ記事