世界3位の記事から学ぶ|読者とSEOに好かれるブログの構成

Googleで世界3位の記事から学ぶ|読者とSEOに好かれるブログの構成

このページはGoogle英語検索にて「blog structure」(ブログ構成)のビッグワードで3位に表示されている記事を原文に作成しています。

ブログの構成に非常に役立ちますので、構成にお悩みの方はぜひ参考にしてください。


SEOと読者を同時に満足させる「ブログ記事の構成方法」を知りたいですか?

ブログを始めるということは、複数のスキルを習得する必要があります。

従来の会社では、これらの仕事は複数の人が分担して行っています。

ですがブロガーになると、いろいろな仕事をこなすことに慣れなければいけません。

あなたがここにいるということは、あなたは文章を書くことが得意ではないのでしょう。

もしかしたら、ブログの写真を撮るのが好きかもしれませんし、Instagramのプロモーションが得意かもしれません。

一方、ただ目立つブログ記事の書き方を学びたいだけかもしれません。

もしかしたら私の思い違いで、あなたは文章を書くのが好きなのかもしれません。

どの場合にせよ視聴者を驚かせ、同時にGoogleを満足させるブログ記事を書くための10のヒントをご紹介します。

毎回完璧なブログ記事を作る

タイトルにもあるように、この記事では2つの目的に焦点を当てます。

読者に愛されるブログ内容を書くこと

Google検索で最高のランキングを獲得するため、記事を適切に構成すること

どちらも同じくらい重要なポイントです。

読者には私たちのブログコンテンツを読んで最高の体験をしてもらいたいですし、Googleには検索アルゴリズムでその価値を十分に認識してもらいたいと思います。

ブログ記事の構成について

私がブログを始めたばかりの頃は、ブログ記事の構成にあまり注意を払っていませんでした。

ただコンテンツを書き、その記事に区切りが必要と思われるところには見出しをつけていました。

キーワードについてもあまり考えていませんでしたし、ブログ記事を書く上でのSEOの最良の方法も考えていませんでした。

当時、私はPinterestに集中していたのでGoogleのことは考えていませんでした。

今思えば、ブログ記事の適切な構成方法さえ学んでおけば、そのあと記事を全部編集する必要はなかったと思います。

ヘッダー

もし私がブログの構成について時間をかけて調べていたら、ブログのコンテンツを分割するのにヘッダーを使用する必要があることを知っていたでしょう。

実際にヘッダーを使っていましたが、それは正しい方法ではありませんでした。

視覚的にH4の方が小さく見え、私のノートパソコンでは読みやすかったので、H4を使っていました。

これは大きな間違いです。

ヘッダーに関しては、決して順番を間違えてはいけません。

ご存知ないかもしれませんが、ブログ記事のタイトルはH1ヘッダーを使う必要があります。

99%の場合、あなたのブログテーマにはすでにこのヘッダーが組み込まれているでしょう。

不安な場合は、自分のウェブサイトのブログ記事にアクセスし、右クリックして「ページソースを表示」を選択します。

ページソースの画面にてCommand-Fで「H1」を検索。ブログ記事のタイトルがH1ヘッダーに包まれていることを確認してください。

表示されていればOKです。

H1ヘッダーは、ブログ記事ごとに1回(サイトの1ページごとに1回)だけ表示するようにしましょう。

オープニング

タイトルのH1ヘッダーを確認したら、ブログ記事のタイトルの直後に、文章を表示します。

冒頭の文章は、3~5文章程度にします。最初からテキストのかたまりで読者を圧倒してはいけません。

コンテンツの最初のヘッダーにキーワードを入れる

オープニングが終わったら、今度はコンテンツ内の最初のヘッダーを使います。

ブログ記事の最初のヘッダーはH2ヘッダーにして、ブログ記事でターゲットにしているキーワードを含めるようにします。

ここは完全な文章である必要はありません。

最初のH2ヘッダーは、直接的で要点を突いたものでなければなりません。例えば、「もっとお金を稼ごう」などです。

H2セクション内でコンテンツを分割する必要がある場合は、H3ヘッダーを使用します。

そのセクションが完成したら2つ目のH2ヘッダーを追加し、そのプロセスを繰り返すことができます。

すべてのヘッダーは、少なくとも複数単語の文章で構成されている必要があります。

個人的には、2つ(H2とH3)以下のレベルのヘッダーは使いません。

必要に応じて、さらにいくつかの見出し(H4、H5、H6)を使ってみてください。

この見出しと段落の組み合わせが、あなたのブログ記事の基本構造となります。

Googleで世界3位表示の記事から学ぶ|読者とSEOに好かれるブログの構成

魅力的なブログコンテンツの書き方

ブログ記事の構成がわかったところで、いよいよ執筆に取り掛かりましょう。

オーディエンスを知る

ブログコンテンツを書くための最初のステップは、自分の読者を知ることです。

特定のニッチなブログを持つことは有効ですが、あなたの理想的な読者は誰なのかを掘り下げて考えてみましょう。

多くの人がブログを始めて、自分と似たような読者に向けて記事を書いています。

しかし、さらに掘り下げてみて、複数タイプの読者ペルソナ(ターゲットとなる顧客像)を作ってみましょう

次のような質問を自分にしてみてください。

・私のブログを読んでいるのは誰だろう?
・年齢は?
・どのくらいの収入があるのだろうか?
・彼らの日々の課題は何か?

自分の読者層を明確にすることで、その人にぴったりのブログ記事を書くことができます。

多くの人は、誰にでもアピールできるようなブログ記事を書いてしまうという罠に陥ります。

すべての人を満足させようとすると、誰も満足させられないことになります

例を挙げてみましょう。

例えば、あなたが節約についての記事を書くとします。

「節約したいと思わない人はいないだろう」と自分に言い聞かせながら、「意外と知られていない、お金の貯め方」という記事を書くかもしれません。

確かにその通りです。

この投稿は多くの読者を惹きつけるかもしれませんが、 「ファッショニスタがニューヨークで大金を節約するための知られざる方法」のような投稿ほど熱心に読んではくれないでしょう。

2つ目の投稿を読んだ人は、商品を購入したり、メールリストに登録したりと、あなたの話を聞いて行動を起こす可能性が高くなります。

魅力的なタイトルをつける

ブログ記事は、そのタイトル次第で良いものになります。

注目を集めるタイトルが書けなければ、誰もブログ記事をクリックしてくれない可能性があります。

タイトルは明確で、キャッチーで、緊急性を感じさせるものでなければなりません。

ランキングやリスト記事は非常に人気があります。

  • Xをするための10の方法
  • 12個のベストY
  • Zのための20のアイデア

ブログ記事を作成している間は、「仮タイトル」を使っても構いません。

タイトルは、ブログ記事の内容を書き上げた後で、いつでも変更可能です。

実際、私の仮タイトルも最後まで定着することはほとんどありません。

私は通常、Google Docで記事を下書きし、下書きの一番上にいくつかのタイトル候補をリストアップします。

最終的なタイトルは、公開当日に決めることが多いですね。

記事を書く前のあらすじ

記事を書く前に「あらすじ」を書いておけば、いつ、どんなトピックを書けばいいのかがわかります。

今回のように膨大なテーマに直面すると、どこから始めればいいのか、どのようなポイントを伝えればいいのか、どのような順序で情報を提供すればいいのか、考えるだけで圧倒されてしまうことがよくあります。

ブログ記事を書く前にあらすじを作成するようになってから、ブログコンテンツ作成のプロセスが非常に楽になりました

Googleドキュメントでヘッダーを作成し、各ヘッダーの間に記事の内容を記入していくだけです。

画像やオプトインフォーム(メルマガ配信登録などのフォーム)を追加する必要があるとわかっている場合は、[image]などと別の行に書いて、公開前にその要素を入れることを忘れないようにしています。

長文コンテンツを目指す

ブログ記事の概要が決まったら、いよいよ執筆に入ります。

必要に応じて新しいセクションを追加してください。

高品質の長文コンテンツを目指しましょう。

Googleが2,000語以上の記事を好むのは事実ですが、一定の語数を達成するためにブログ記事に無関係な内容を追加することは避けましょう

書いているトピックのすべての側面を扱う、詳細なコンテンツを作ることを目指しましょう。

実用的なアドバイスで問題を解決する

最高のブログ記事は、読者の重要な問題を解決します

読者がその問題を解決するための明確で実行可能なステップを提供することが、読者を惹きつけてやまない完璧なブログ記事の鍵となります。

長い段落をまとめる

YouTubeやInstagramが普及した現代では、ブログがユーザーの注意を引くことは困難です。

長い文章を目の前にすると、読者は最初の一文を読んで、あとは読み飛ばしてしまうのが普通です。

読者の注意を引くためには、1つの文章が3文以上にならないように、まとまった短い文で書くのがよいでしょう。

ブロガーの中には、1つの文章に1つの文しか載せない人もいます。

適切な場合は、内部リンクを張る

内部リンクは読者を惹きつけ、SEOを向上させる強力な方法です。

同サイトの別記事で紹介している単語について言及した場合、ブログ記事内でその記事にリンクします。

意味があるときだけリンクを張ってください。わざわざ他のブログ記事にリンクさせる必要はありません。

例えば、SEOの向上に関するブログ記事がすでにある場合、「SEOを向上させる」という言葉をその記事にリンクさせます。

内部リンクは、このトピックや記事があなたのサイトにとって重要であることをGoogleに示します。

また、読者があなたの言及したポイントについて、より深く知ることができます。

最後に、ブログの直帰率を下げる効果もあります

コールトゥアクションを入れる

すべてのブログ記事にはコールトゥアクション(訪問者に指定した行動をしてもらうこと)を入れるべきです

読者がブログ記事の本文にたどり着いたということは、あなたの話に興味を持ってくれたということですから、その興味を利用すべきです。

ブロガーの中には、コンテンツの途中でCTAを入れる人もいれば、最後に入れる人もいます。

ここでは、ブログ記事で使えるコールトゥアクションをいくつかご紹介しましょう。

  • 読者に質問を投げかけ、回答をコメントとして残してもらう。
  • SNSなどで記事を友達にシェアしてもらう。
  • メーリングリストに登録してもらうために何かを無料で提供する。
  • 記事に関連した商品を購入してもらうために、あなたのショップサイトに移動してもらう。

これらのアイデアはどれも、読者の関心を引くための素晴らしい方法です


ブログのコンテンツを書くのは大変ですが、練習すれば簡単になります!

今回ご紹介したすべてのポイントは、時間の経過とともに自然に身についていくものです。

今はこの記事があなたにとって、よりよいブロガーになるための手助けになれば幸いです。


リファレンス|Blog AMBITIOUS:How to Structure a Blog Post Your Readers and Google Will Love

おすすめ記事