完璧なSNS動画を作るための6つのポイント

完璧なSNS動画を作るための6つのポイント

「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものですが、動画は視聴者にとって最高のメディアといえます。ここではSNSで最も成功する動画を作るために必要な要素をご紹介します。

SNS動画を成功させるために最も重要な6つの要素

インスタグラムで毎日作成される動画の数は、この5年間で4倍に増え、YouTubeのユーザーは毎日10億時間以上のコンテンツを視聴しています。このような統計を見ると、オンラインマーケターの87%が動画コンテンツに投資しているのも不思議ではありません。

一流のSNS動画を作るには何が必要なのでしょうか?ここでは、効果的なヒント探ってみます。

1. プラットフォームを意識する

YouTubeやTikTokなど、動画のプラットフォームは多岐にわたります。他のコンテンツと同じように、動画もそれに合わせて作成しましょう。

ここでは、そのための簡単なヒントをいくつかご紹介します。

視聴者を惹きつけるプラットフォームを選ぶ

魅力的なSNS動画を作るための最初のステップは、どこに投稿するかを決めることです。

Facebookのように、幅広い年齢層、性別、収入レベルのユーザーが集まるプラットフォームもあれば、狭い層にしかリーチしないプラットフォームもあります。一方で、限られた層にしかリーチできないプラットフォームもあります。

例えば、Pinterestは25歳から44歳の若者に支持されていますが、Snapchatはほぼ10代の若者にしか支持されていません。

カメラを手にする前に、2つの質問を自分に投げかけてみてください。

  • 誰に届けたいのか?
  • なぜ、その人たちにアプローチするのか?

視聴者を教育したいのであれば、LinkedInに動画を投稿しましょう。単に楽しませたいのであれば、YouTubeの方がいいかもしれません。

サイズは重要

動画の理想的なアスペクト比は、プラットフォームごとに異なります。Facebookだけでも5種類以上のフォーマットに対応しています。

動画を制作する前に、自分が選んだプラットフォームの推奨スペックを確認しておきましょう。画像が引き伸ばされたり、コンテンツの周りに黒いバーが表示されたりしないように、投稿する場所ごとに最適化しましょう

プラットフォームごとに最適化する時間がない場合は、アスペクト比を1:1にするとよいでしょう。さらに、正方形の動画は、横長(16:9)の動画に比べて、ソーシャルメディアのフィードに占める割合が78%も高いため、この戦略によって注目を集めることができるかもしれません。

プラットフォームに直接アップロード

すべてのプラットフォームに対応しているわけではありませんが、これも動画を異なるソーシャルチャンネルに最適化する大切な理由のひとつです。

YouTubeは、Facebookと直接競合するGoogleが所有しているため、YouTubeのリンクはFacebookではうまく表示されません。YouTubeに直接アップロードすることで、動画の見栄えが良くなり、オーガニックシェアも最大10倍になります


2. 再生時間を決める

人間の注意力はわずか8秒。視聴者を最初から最後まで飽きさせないのは大変ですが、不可能ではありません。

短く、魅力的に

できれば、60秒の制限時間を守りましょう

1分後に動画を見るのをやめる人はわずか5%ですが、2分後には60%になります。短い動画は見終わりやすいだけでなく、データ量も少なくて済むので、モバイルでの視聴に最適です

長編動画も捨てたものではない

長尺の動画も効果的です。Facebookでは、90秒以上の動画がより多くのビューとシェアを獲得しています。YouTubeでは、モバイルユーザーの平均セッションは1時間です。

しかし、長尺にする場合はコンテンツが最高のものであることを確認してください。幸いなことに、AirBnBやHyundaiなどのブランドは長編動画で知られており、見習うべき素晴らしい例がたくさんあります。

家族を描いたAirBnBの動画は、1分以上の長さがありますが、YouTubeでは粋なパフォーマーの1つです。


3. モバイル用に最適化する

動画の半分以上はモバイルで視聴されています。Twitterの場合、93%にもなります。

ここでは、モバイルフレンドリーにするための簡単なヒントをいくつかご紹介します。

グラフィックをシンプルに

小さな画面でも見やすいように、ビジュアルを工夫しましょう。大胆に、明るく、そして文字を使う場合は読みやすくしましょう

そして動画を投稿する前に複数の異なるスクリーンでテストしましょう。事前確認は絶対おこなってください。自分が作成している画面は他のスクリーンでは異なって見えることがよくあります。

音を消して再生してみる

ほとんどの視聴者は、電車・バスの中、カフェ、オフィスなど、公共の場であなたの動画を見るでしょう。つまり、音を消して視聴している可能性が高いのです。YouTubeの動画の85%は、音声なしで視聴されています

動画を公開する前に、簡単なサウンドチェックをしてみましょう。音声ありでもなしでも、魅力的な動画になっていますか

不足している部分を補うために、魅力的なキャプションや説明を加え、必要であれば字幕を追加しましょう。おまけに、字幕があれば、耳の不自由な視聴者にも動画を見てもらえるようになります


4. アナリティクスの活用

36%の企業が何らかの形で動画分析を行っています。パーティの最後の一人になってはいけません。ここでは、分析を行うための2つの方法をご紹介します。

追跡して改善する

世の中には、役に立つソーシャルメディア分析ツールがたくさんあります。自分の動画のパフォーマンスをチェックし、改善するために何ができるか考えてみましょう。

  • 視聴者は動画を最初から最後まで見ているか?
  • どのプラットフォームで、動画のパフォーマンスが低いか?
  • どのトピックが最も多くのビューやシェアを獲得しているか?

実績のあるコンテンツの再利用

アナリティクスは、今後の動画アイデアを生み出すのにも最適です。

あなたの会社はブログを持っていますか?これまでの統計を見て、動画に再利用できそうな実績のあるコンテンツを見つけてみましょう

そして次の3つの条件を満たしているかどうかも確認してください。

  • 理解しやすく、消化(満足)できるか?
  • 1分以内で伝えることができるか?
  • ビジュアル グラフィック要素があるか?

5. 良質なコンテンツを提供する

当たり前のことかもしれませんが、コンテンツに価値を持たせましょう。

真の価値を提供する

価値ある提案をしているウェブページは、訪問者をより長く惹きつけます。これはSNS動画にも言えることです。

ルンバに乗った猫が愛らしいように、YouTubeで上位にランクインするコンテンツの中には、何らかの形で惹きつける「何か」があります。

物語を語る

物語は人間の基本的な部分です。さらに、ストーリーテリングの起源は視覚的な物語であるため、動画はあなたの物語のスキルを表現するのに理想的なメディアです。

※伝えたい思いやコンセプトを、体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法のこと。

あなたはデジタルストーリーテラーとして、次のことができていますか?

  • 物語の設定は何か?
  • 主人公は誰か?
  • プロット(物語のあらすじや構造)はあるか?
  • 明確な始まり、中間、終わりがあるか?
  • 矛盾はないか?

脚本を書いたり、絵コンテを使ったり、同僚と動画の重要なプロットポイントについて話し合ったりすることは、ストーリーがしっかりしていることを確認するための素晴らしい方法です。

Appleのこの動画は、最高のビジュアル・ストーリーテリングの例です。iPhone Xの発売を告知するために制作されたこの動画は、テンポの良いプロットと意外な展開で注目を集めました。

感情をあやつる

ストーリーと同様、感情は強力なコミュニケーションツールです。しかし、すべての感情が同じように作られているわけではありません。

ポジティブなメッセージは、ネガティブなメッセージよりも共有されやすく、驚き・畏敬の念・喜びなどは最も共有されやすい強烈な感情です。

動画は、写真よりもはるかに多くの感情を呼び起こすことができます。すべての動画が心の琴線に触れる必要はありませんが、視聴者と人間的なレベルでつながることで、大きな効果が得られます。


6. 始まりは元気よく。終わりは行動を喚起

私たちは、始まりと終わりを何よりもよく覚えている傾向があります。動画の最初と最後には、パンチを効かせましょう。

最初の3秒が最も重要

動画の最初の3秒を見た人の45%は、少なくとも30秒は見続けると言われています。視聴者の興味をかきたてたり、好奇心を刺激したり、不意をついたりするような内容で、最初から視聴者を惹きつけましょう。

CTA(コールトゥアクション)で契約を結ぶ

動画はあらゆるコンテンツの中で最も高いコンバージョン率を誇ります。ランディングページに動画を掲載すると、コンバージョン率が80%もアップします。

動画の最後にはせっかくの努力が報われるように、明確なCTA(コールトゥアクション/行動喚起)を入れましょう。視聴者に商品を購入してもらうことが目的であれ、単にブランドをフォローしてもらうことが目的であれ、この重要なステップは、せっかく獲得した視聴者をセールスファネルの「次のステップ」へと導きます。

Awareness=気付き、Interest=興味、Decision=決断、Sales=購入

魅力的なCTAを書くには、ある程度の時間と実験が必要です。また、プラットフォームによっても異なります。

しかし優れたCTAにはいくつかの共通点があるものです。

それは相手に寄り添っていて、かつわかりやすいということです。


リファレンス|Medium:Introducing LAND Estates

リファレンス|Hootsuite:The 6 Key Ingredients of a Perfect Social Video

おすすめ記事