ディセントラランド/Decentraland|2020年アップデート

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

2020年はディセントラランドにとって大きな飛躍の年になりました。

今日は2020年、ディセントラランドに起こった出来事を振り返ってみたいと思います。

ディセントラランド
2020年のアップデート

2020年2月
ディセントラランドローンチ

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

2015年Ari Meilichと、ドEsteban Ordanoによって設立され、2020年2月に一般公開されました。

暗号通貨で最も人気のある仮想世界の一つとなっています。

2020年4月
Block Down暗号カンファレンス

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

2020年4月に、有名なBlock Down暗号カンファレンスを開催しました。

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

  • Erik Voorhees
    (取引所シェイプシフトのCEO)
  • Roger Ver
    (エンジェル投資家)
  • Jed McCaleb
    (リップル、ステラルーメン共同設立者)
  • Changpeng Zhao
    (BinanceのCEO)
  • Akon
    (アメリカのR&B歌手)
    など

参加者は仮想通貨界の大御所たちでした。

その直後ディセントラランドとBinanceは提携し、仮想フェイスマスクをウェアラブルとして販売し、コロナと戦うための資金を調達しました。

2020年5月
コンテンツクリエイタープログラムを開始

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

フレンドリクエストや、暗号化されたゲーム内のフレンドチャット、フレンドに直接テレポートできる機能などの新機能を追加しました。

2020年6月
Polygonと提携

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

Polygon(旧MATIC)と提携し、MANAやステーブルコインDAIを使い様々なカジノゲームをバーチャルカジノでプレイすることができるようになりました。

2020年7月
Samsungと提携

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

Samsung Blockchain WalletでディセントラランドNFTとそのマーケットプレイスをサポートすることを発表し、暗号通貨界で話題の中心となりました。

2020年7月
クリプトワールドカップ開催

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

クリプトサッカー大会はあまり話題になりませんでしたが、これは本当に残念なことです。

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

  • 24チーム参加
    →MATIC、Openseaなどの暗号企業運営の仮想チーム
  • 優勝商品
    →金メダル(NFT)
  • 得点王
    →ゴールデンブーツ(NFT)

金メダルとゴールデンブーツのNFTは、ゴールドバックの暗号通貨トークンを使って作成され、理論的には現実の金と交換することができました。

2020年9月
引用スマートアイテムを導入

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

外部の画像・ビデオ・オーディオをディセントラランド内で使用できる引用スマートアイテムを導入しました。

これは無限に広がるユースケースへの扉を開く、画期的な出来事でした。

たとえばゲーム内広告もそのひとつです。

2020年12月
バーチャルコンサート

9月に始まった引用スマートアイテムのもう一つの活用方法がバーチャルコンサートです。

Decentraland / デセントラランド|2020年のアップデート

3LAU
アメリカのDJ兼ミュージックプロデューサー、リアーナ、ケイティ・ペリーなどのリミックスも手掛けています。

2020年12月、ディセントラランド内でDJイベントを開催しました。


リファレンス|Coinmonks:Decentraland (MANA): One Crazy NFT Project!

おすすめ記事