なぜ「暗号禁止」が市場の動きに影響を与えなくなっているのか?

なぜ「暗号禁止」が市場の動きに影響を与えなくなっているのか?

暗号(仮想)通貨の死は以前から予言されていました。

今ではその予言を覆すことは難しくなっています。

暗号禁止が
市場に影響を与えない理由

新しい発明は、それを支持する人々から暖かい歓迎を受けるにもかかわらず、支配と現状を維持しようとする勢力からの反対に直面します。

ビットコインは多くの地域で何度も禁止されてきましたが、今日ではインターネットの普及率を上回る勢いで普及しています。

簡単に言えば、暗号通貨は侮れない存在であり、どのような禁止措置も世界中での人気と使用を強めることにしかなりません。

そのため各国政府は暗号通貨の有用性に関する従来の見解を見直すようになり、一部の政府は暗号通貨の使用に反対するのではなく、採用して規制することを決定しました。

中国などの主要国で禁止されているにもかかわらず、ビットコインの人気が続いていることから、いくつかの教訓を得ることができます。

ブロックチェーンとそのコードを禁止することはできない

音楽やその他の物理的なファイルが物理的に破壊されたり、製造や使用が制限されたりするのとは異なり、暗号通貨はコードの集合体であるブロックチェーン上に構築されています。

コードは暗号通貨をP2Pレベルで直接交換できるこの技術に存在しているため、禁止することはできません。

ある国の政府が暗号通貨の使用を全面的に禁止するとしたら、国内すべての個人からスマートガジェットを没収しなければなりません。

お金だけでなく、他の技術革新も促進する

反暗号勢力や政府が表明している金融上の不正への懸念とは別に、暗号化は金融以外の問題を解決していることが証明されています。

例えばビットコインのマイニングによって、環境破壊や地球温暖化の原因となる化石燃料を使わずに、再生可能なクリーンエネルギーの利用が拡大しています。

他のシステムが失敗した
現実の金融問題を解決している

暗号通貨は従来の金融システムでは解決できなかった、あるいは解決に消極的だった金融問題に対応しています。

特に暗号を使った取引は、従来の銀行の方法よりもはるかに安くて速い。

そのため人々は中間業者に高いお金を払うことなく、正確な価値ある暗号通貨とお金を交換することができるのです。

また、第三者による機密データのスパイ行為を防ぐことができるため、金融取引におけるプライバシーも向上しています。

暗号通貨は、より多くの人が使用することで価値が上がります。

世界は変化し、暗号も変化する

世界は変化しており、人々は金融システムにも改善が必要であることに気づきました。

人々は自分の富をよりコントロールでき、より分散化された許可不要のシステムを必要としています。

この自由は、暗号化によって可能になりました。

禁止を正当化する
理由や恐れは存在しない

一部の反暗号勢力や政府は、暗号化の禁止を求めていますが、どれも明確な理由を示していないようです。

彼らは従来の金融システムや政府が改善できなかった問題と同じ問題を、暗号化のせいにし続けています。

金融詐欺、インフレ、エネルギー問題、人々のお金を沈めた金融機関の清算などは、政府が解決できなかった問題の一部であり、日に日に悪化しています。

これらの問題を暗号のせいにするのはナイーブなことですが、事実上、暗号は大きな成功を収め解決に貢献しています。

おわりに

暗号化を禁止するのは賢明ではありません。

むしろ政府は暗号経済を、新しいオープンな金融システムの初期の始まりと考えるようにすべきです。

フィリピンのように暗号化を採用し、規制することです。

どのようなシステムでもトレードオフは避けられないため、暗号通貨にまつわる神話や物語を否定し、事実を明らかにすることに重点を置くべきです。

仮想通貨買ってみたいなら

リファレンス:ZyCrypto

おすすめ記事