クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

仮想通貨投資をやっていると、複数のチェーンが登場します。

このチェーンの動きがわかってないと DeFiは扱えないと思ってください。

クロスチェーン / トークンブリッジ のやり方・方法

今日はクロスチェーン / トークンブリッジができる場所をご紹介します。

・クロスチェーン(トークンブリッジ)とは?

・クロスチェーン(トークンブリッジ)できる場所

ブリッジとは?

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

A. 異なるブロックチェーンを
つなぐ橋

※クロスチェーンとも呼ばれます。

くわしく

例えば イーサリアム系の DeFiで BTC(ビットコイン)を運用したいとします。

この場合、BTCをWBTC(ERCチェーン)に変化させなければいけません。

ここで『ブリッジ』の登場です。ブリッジとは取引所などの第三者を経由せず、異なるブロックチェーンの仮想通貨を直接交換することです。

またセキュリティ上のリスクや、余分な手数料の出費を回避できます。

クロスチェーン技術は「アトミックスワップ」と呼ばれ、2017年 9月 BTCと LTC間で世界初のアトミックスワップが成功しました。

どこでブリッジできるか?

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

いくつかご紹介します。

※ ブリッジ手数料は各所で異なりますが、取引によるガス代はかかるのでご注意を。例えば ETH(BSC)→ ETH(Polygon)の場合、少量のMATICがガス代として必要です。

※ ブリッジ先にて流動性が枯渇していることがありますので注意!

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』
SUPRAとは?DeFi
ネットワークBSC、Polygon、FTM
対応通貨BUSD、SUPRA

ブリッジ例

▼BUSD(BSC) → wBUSD(Polygon)
ブリッジ手数料:3BUSD
送金限度:最大2000BUSD / 1回
送金時間:30秒〜20分

▼wBUSD(Polygon) → BUSD(BSC)
ブリッジ手数料:1.5wBUSD
送金限度:最大200wBUSD / 1回
送金時間:30秒〜20分

▼SUPRA(BSC) → SUPRA(FTM)
ブリッジ手数料:0.04SUPRA
送金限度:最大10SUPRA / 1回
送金時間:30秒〜20分

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』
Polygon Bridge V2とは?ブリッジアプリ
ネットワークETH、Polygon
対応通貨ETH、USDT、
BUSDなど多数

ブリッジ例

▼ETH(ETH) → ETH(Polygon)
ブリッジ手数料:約$5
送金限度:?
送金時間:3〜5分

▼ETH(Polygon) → ETH(ETH)
ブリッジ手数料:約$10以上
送金限度:?
送金時間:3時間(Posの場合)、7日(Plasmaの場合)

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

Aavegotchiとは?DeFi
ネットワークETH、Polygon
対応通貨USDC、DAI、GHST

ブリッジ例

▼USDC(ETH) → USDC(Polygon)
ブリッジ手数料:約3〜5ドル
送金限度:?
送金時間:約7〜8分

USDC(Polygon) → USDC(ETH)
ブリッジ手数料:約3〜5ドル
送金限度:?
送金時間:約7〜8分

AnySwap
(ステーブルコイン専用)

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』
AnySwapとは?DEX
ネットワークBSC、Polygon、FTM
対応通貨USDC

ブリッジ例

▼USDC(BSC) → USDC(FTM)
 →USDC(Polygon)
ブリッジ手数料:なし
送金限度:1,000,000USDC
送金時間:10〜30分、12時間(200,000USDC以上)

AnySwap
(ステーブルコイン以外)

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』
AnySwapとは?DEX
ネットワークETH、BSC、Polygon
FTM、AVAX、FSN
HT、xDAI、ONE
対応通貨多数

ブリッジ例

▼BNB(BSC) → BNB(FTM)
ブリッジ手数料:なし
送金限度:7500BNB
送金時間:10〜30分、12時間(1500BNB以上)

※上記以外にも複数通貨対応

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』
EvoDeFiとは?DeFi
ネットワークBSC、Polygon
対応通貨ETH、USDC、GEN

ブリッジ例

▼USDC(BSC) → USDC(Polygon)
ブリッジ手数料:ブリッジ額の0.5%
送金限度:?
送金時間:?

※上記以外にも複数通貨対応

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』
Binance Bridgeとは?ブリッジアプリ
ネットワークETH、BSC、DOT
TRXなど多数
対応通貨BTC、ETH、USDT
ADAなど多数

ブリッジ例

▼USDT(BSC) → USDT(ETH)
ブリッジ手数料:なし
送金限度:通貨により異なる
送金時間:3分

※上記以外にも複数通貨対応

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』
xPollinateとは?ブリッジアプリ
ネットワークBSC、Polygon
FTM、xDAI
対応通貨USDT、USDC、DAI

ブリッジ例

▼USDT(BSC) → USDT(Polygon)
ブリッジ手数料:0.05%
送金限度:?
送金時間:1分前後

※上記以外にも複数通貨対応

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

Avalanche Bridgeとは?DeFi
ネットワークAVAX、ETH
対応通貨ETH、INCH、AAVE
BUSD、SUSHI、UNI
USDT、WBTC、WETH
ZRXなど多数

現在はイーサリアム(ETH)で作られたERC20トークンから、アバランチ(AVAX)へのブリッジ転送のみサポートされています。

アバランチからイーサリアムへのブリッジ転送は計画中です。

ネイティブのETHやBTCはサポートされていません。その代わり、ラップ版(WETHやWBTC)をブリッジ転送することはできます。

ブリッジ例

▼AAVE(ETH) → AAVE(AVAX)
ブリッジ手数料:イーサリアムの推定取引手数料の一定割合に、価格変動を考慮した一定額(現在は5ドル)を加えたもの
送金限度:?
送金時間:?

※上記以外にも複数通貨対応

ブリッジまとめ

クロスチェーン / トークンブリッジ できる場所『一覧』

DeFiで仮想通貨を運用するにはクロスチェーン ・トークンブリッジは必須です。

これからもいろいろなブロックチェーンが登場するので、この機会におぼえておきましょう。

おすすめ記事