あなたのをすべて理解するインターネットを想像してください。

私たちはウェブの進化における新たな転換点にいます。

これをWeb 3.0と呼びます。

私たちの生活をどのように変えるのでしょうか?

Web 3.0とは?

Web3.0とは|インターネットの新しい未来・使い方

・人間の思いや考えがわかるインターネット

・あらゆるモノがネットワークでつながる

・何にも縛られないブロックチェーン技術

・高速・自動処理を可能にするAI(人工知能)

なぜ Web 3.0なのか?

Web3.0とは|インターネットの新しい未来・使い方

個人が主役となることで公平なインターネットを実現します。

大企業がデータを所有し、そこから利益を得るという搾取的で不公平なウェブを凌駕します。

Web 1.0 〜 Web 3.0

Webには歴史があります。歴史を知っておいて損はありません。

はじまりである Web 1.0から見ていきましょう。

Web 1.0とは?

Web3.0とは|インターネットの新しい未来・使い方

Web1.0与えられた情報を読むだけ
期間1989〜2005年
サイトAOL、Yahoo
問題点・情報の幅が狭い
・高い利用料金
・速度が遅い

スタティック・ウェブ(静的ウェブ)と呼ばれ 1990年代に登場したインターネット。

限られた情報へのアクセスしかできず、ユーザー同士のやりとりもほとんどありませんでした。

インターネットページを選別するアルゴリズムがなかったため、ユーザーが関連情報を見つけるのはとても困難でした。

簡単に言えば一方通行の高速道路のようなもの。

コンテンツは一部の人が作っていたため、ユーザーはそれを見て信じるしかありませんでした。

Web 2.0とは?

Web3.0とは|インターネットの新しい未来・使い方

Web2.0ユーザー同士が情報を発信・協力
期間2005年〜現在
サイトGoogle、Facebook、
Amazon、Youtubeなど
問題点・個人情報が集中するプライバシー問題
・中央集権型によるセキュリティ問題
・データの一極集中化

Web2.0では Javascript・HTML5・CSS3などのウェブ技術の進歩によりインターネットと人をより近づけることに成功しています。

YouTube・インスタグラム・Wikipediaなどのプラットフォームを構築可能にしました。

データをさまざまなプラットフォームやアプリケーション間で拡散・共有できるようになり、SNSとユーザー自身によるコンテンツ制作の両方が盛んになる道が開かれたのです。

Web 3.0とは?

Web3.0とは|インターネットの新しい未来・使い方

Web3.0人間とインターネットで対話
期間近い未来
活用例IoT、仮想通貨、
DeFi、メタバースなど
問題点・ブロックチェーンが抱える課題

Web 1.0〜2.0の初期開発者の一人であるJeffrey Zeldman。

2006年に Web 3.0を支持するブログ記事をすでに書いています。

Web 3.0の 2つの基礎はセマンティック・ウェブと AI(人工知能)です。

データが分散型で相互に接続され『ユーザーや機械』が『データ』と対話できるようになります。

ユーザーを支援する AIシステムの力によってインターネットをより高知能に、人間に近い知能で情報を処理するようになります。

Webの生みの親ティム・バーナーズ=リー氏は「システム・人・家庭用機器は自動的にインターフェースする」と述べています。

そのためコンテンツの作成や意思決定のプロセスには人間と機械の両方が関与することになります。

Web 3.0の具体例

Web 3.0の技術を利用したアプリケーションの例をあげます。

Siri

https://www.youtube.com/watch?v=2DWUuKIl09Y

Siri

あらゆる答えを知るための方法です。

すばやく情報をチェックしたり計算をしたりあなたのアシスタントをしてくれます。

Wolfram Alpha

Wolfram Alpha

どんな難しい計算や質問にも答えてくれます。

画期的なテクノロジーと知識を使ってあなたをサポートします。

暗号通貨、ブロックチェーン

Web3.0とは|インターネットの新しい未来・使い方

Web 3.0はブロックチェーンや暗号通貨の基礎となる分散型プロトコルによって運営されています。

これらの技術には相互性があり、シームレスに統合され、スマートコントラクトによって自動化されます。

技術の間に強い融合と共生の関係が生まれることが予想されます。

まとめ

新しいインターネットの世界では、より個人にカスタマイズされた体験が生み出されます。

掃除機や冷蔵庫などの家電製品から交通機関まで、すべてはオンラインでつながります。

そしてブロックチェーンやデジタル資産などの新しいデジタル領域が発展します。

21世紀の新しいテクノロジーは無数の「奇跡」を生み出すことになるでしょう。

関連ページ