DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

結論から言うと、

DAOとは、分譲マンションの管理会社のようなものです。

DAO
なんの略?

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

D = Decentralized
A = Autonomous
O = Organization

Decentralized(非中央集権型)
中心となるリーダーがおらず、ボトムアップ(下からの意見を吸い上げて全体をまとめていく管理方式)で意思決定が行われます。

Autonomous(自律的)
アイデアそれ自体が命を持ち、それを実現するために働きます。

Organization(組織)
自己資金の管理方法など、独自のルールを持つことができます。

DAOとは?

分散型の自律的組織です。

簡単に言えば、分譲マンションの管理会社のようなものです。

DAOの役割

ブロックチェーンにはさまざまな役割があります。

DeFiがプログラム可能なお金

NFTがプログラム可能なメディア

DAOはプログラム可能な組織

※Defiとは、ブロックチェーンをベースとした金融サービス

※NFTとは、ブロックチェーンをベースとしたデジタル資産

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

DAOはスマートコントラクトを使ってガバナンス(統治構造・管理体制)とオペレーション(作業・実行)を記述することで、その目的とミッションが不変であることを保証されます。

そしてDAOは、DAOメンバーのコミュニティによって決定されます。

従来の会社ガバナンスのような不透明さはDAOにはありません。

DAOの統治構造はインターネットに接続している人なら誰でも監査可能であり、それが絶対的な法律となります。

DAOの
残念な歴史

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

DAOのスタートはあまりいいものではありませんでした。

最初のDAOは「the DAO」という名前で、暗号プロジェクトによって作られたベンチャー投資を行うベンチャーキャピタルでした。

残念なことに「the DAO」は2016年6月にハッキングされ、360万ETH(現在の価格で約90億米ドル)の損失を出しました。

この出来事により、失ったETHをDAOコミュニティメンバーへ返金するため、イーサリアムコミュニティはブロックチェーンのハードフォークを決定せざるを得なくなりました。

そして、返金された(現在の)イーサリアムブロックチェーンと、DAOハッキングの記録が残っているイーサリアムクラシックブロックチェーンに分裂することになりました。

それを境にDAOはしばらく地下に潜っていました。

そこに登場したのが「Maker」です。

MakerDAOの登場

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

MakerDAOは、最も人気のあるステーブルコイン「Dai」と、「DeFi」の中に貸し付けされた100億ドル近くがロックされている「プロトコル」を管理するオープンソースコミュニティです。

※プロトコルとは、「手続き」や「しくみ」のこと

※オープンソースコミュニティとは、オープンソースソフトウェア(OSS)の開発や改善、情報交換などを主な目的とする有志によって組織された団体

MakerDAOは、プロトコルのロードマップを方向付けたり、実行性のある投票を通したり、DAOの構造を再普及させたりしています。

※ロードマップとは、「目標」と「そこに至るまでの過程」を時系列に沿ってまとめた表のこと

現在、DAOは暗号プロジェクトによるコミュニティメンバー間の調整手段として急速に普及しています。

DAOが重要な理由

DAOが強力なのは、何千人もの人々による役割や階層を必要とせず、組織化するためのインセンティブ(行動を促す動機付け)と健全なフレームワーク(枠組み・骨組み)を作り出せるからです。

その結果、財団・非営利団体・企業のような伝統的な組織よりも迅速に事業を拡大することができます

例えば、UniswapはCoinbaseよりも従業員の数が桁違いに少ないにもかかわらず、Coinbaseとほぼ同じ取引量を処理することができています。

UniSwap

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

これはUniswapがDAOによって運営されているからこそ可能なことで、コア開発チームとUNIホルダーがプロトコルをどのように発展させたいかを共同で決めることができるのです。

UNIホルダーは、Uniswapの金銭的な利害関係を持っているため、プロジェクトのガバナンスにも参加できる動機付けとなっています。

UNIホルダーはプロトコルの投資家、運営者、ユーザーとしての役割も同時に果たすことができます。

効率性以外にも、DAOはインターネットに適したプロジェクト管理方法であり、オープン型・分散型・許可不要といったWeb3の原則に基づいて構築されています。

結果として、DAOは従来の民間企業よりも民主的です。

民主的

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

なぜなら、民間企業では取締役会だけが権限を持っているのに対し、DAOでは誰もがプロトコルのロードマップに対して発言できるからです。

繰り返しになりますが、

DAOは各ホルダーに対し、投資家・運営者・ユーザーの権限を与えます。

史上初めて、お互いの名前すら知らない全くの他人が多額のお金を調整し、実際に会ったり法的文書に署名せず、何百万人ものユーザーに提供する製品を作ることができるのです。

DAOの魅力

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

DAOの魅力は、コア開発チームだけでなくコミュニティのメンバーがその資本を好きなように展開する力を持っていることです。

開発者を雇用してより多くの製品を作るために資金を使用したり、より多くのユーザーを獲得するために強固な流動性マイニングプログラムを展開したり、トークンをステーブルコインや他のプロトコルトークンに交換してヘッジしたりすることができます。

DAOは主に暗号プロジェクトを管理するために使用されていますが、理論的にはDAOを外部にも使用することができます。

DAOの可能性

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

既存の企業や組織も、DAOを使用したスマートコントラクト技術を利用できるようになるでしょう。

分散型の組織モデルは、業務の合理化や、より自動化された公平なシステムの構築に最適な判断材料となります。

DAOの使用例

ディセントラランド

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

Decentralandは世界初の完全分散型メタバースで、不動産やNFTを展示できるアートギャラリーなど、様々な可能性を秘めています。

ディセントラランドDAOは、このメタバースがどのように構築されていくのかという点で重要な役割を担っています。

LANDオークションからアバターのためのウェアラブルまで、ディセントラランドを支配するすべての決定はディセントラランドDAOによって管理されています。

ディセントラランドの詳細はこちら

MetaCartel Ventures

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

MetaCartelは、新しいDAOプロジェクトのためのベンチャーキャピタルファンドを目指しています。

ハッカソンで作られたプロジェクトを中心に、dApp(非中央集権の分散型アプリケーション)開発を加速させることに注力しているDAOです。

※ハッカソンとは、プログラマーやデザイナーなど複数人がチームを作り、短期間でプログラミングのアイデアや制作物の優劣を競い合うイベントです。

Flamingo

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

FlamingoはThe Lao DAOから生まれたプロジェクトで、NFTを利用してDAOを作ることを目指しています。

ステークホルダーは、あるNFTの購入案に投票します。

それが承認されると、指定されたメンバーやサービスプロバイダーがそのNFTを購入し、保有するトークンの量に応じてステークホルダーに所有権が分配されます。

Aragon

DAOとは?|次世代の組織作りに大きな波となる!

Aragonでは、ユーザーが自分のDAOを作ることで、コミュニティを構築したり、既存の機関をデジタル化したりすることができます。

Aragonは以前からブロックチェーン業界の中心的存在であり、そのサービスは常に拡大しています。

現在このプラットフォームでは、1700以上の組織が作成され、その間に9億円以上の資産運用総額があるという統計が出ています。

DAO|まとめ

DAOのユースケースはすでに多岐にわたっていますが、その領域は急速に拡大しています。

DAO、スマートコントラクト、トークン化によって、ステークホルダーやコミュニティに大きな力を与える強力な分散型組織が生み出されるでしょう。

おすすめ記事