USDTのテザー社|透明性を主張するため監査を実施へ!

USDTのテザー社|透明性を主張するため監査を実施へ!

テザー社の顧問弁護士は、数ヶ月後に正式な監査を宣言しました。

USDTは世界のデジタル資産の中で、第3位を占める人気のステーブルコインです。

一方、その内容が心配されています。

・アポロ11号月面着陸の再現(動画あり)

・宇宙ファッションデザイナーとのコラボ

テザー社、監査実施へ!

サイバーセキュリティの専門家がハッキングできないと判断したブロックチェーン。

今日では多くの人がそのセキュリティを信頼しています。

ですが仮想通貨コミュニティの多くが、ステーブルコインUSDTの財務監査を待っていました。

USDTのテザー社|透明性を主張するため監査を実施へ!

現在、仮想通貨業界で進行中の規制問題が、テザー社のチームをその行動に駆り立てているようです。

テザー社は監査が近々行われることを宣言しました。

メディアのインタビューに応じたテザー社

USDTのテザー社|透明性を主張するため監査を実施へ!

テザー社のCTOであるPaolo Arduino(twitter)と、法務担当のStu HoegnerがCNBCにインタビューに参加しました。

インタビューの中で司会者は2人に、USDTの透明性と裏付けについて質問。

これに対し法務担当者は、USDTチームはこの分野で最初に財務監査を受けることを目指していると述べました。

また、監査は数年後ではなく数ヶ月後に行われると述べています。

ステーブルコインは準備金で裏打付けされていると言いますが、法務担当のStu Hoegnerは準備金の一部が米ドルではないことについて言及しました。

USDTの準備金

USDTのテザー社|透明性を主張するため監査を実施へ!

USDTの準備金は米ドルに加え、その他の現金同等物、担保付きローン、暗号資産、債券などが挙げられます。

テザー社が発表したTransparencyレポートでは、USDTの時価総額は620億ドルとなっています。

USDT以外の
ステーブルコイン

USDTのテザー社|透明性を主張するため監査を実施へ!

2021年始めからUSDTの時価総額が195%増加したとはいえ、BUSDUSDCなどの競合他社に遅れをとっています。

昨日7月21日にサークル社がレポートを発表した際、USDCのリザーブの61%が現金&現金同等物であることがわかりました。

残りの39%は、国債、債券、コマーシャルペーパー(無担保の約束手形)となっています。

パクソス社がテザー社を批判

USDTのテザー社|透明性を主張するため監査を実施へ!

パクソス社(Paxos)はテザー社のライバル的存在です。

そのパクソス社は最近2021年7月21日のブログ投稿を通じて、サークル社を批判しました。

その投稿の中で、いくつかのステーブルコインは金融規制当局の下で運営されていないと主張しています。

USDTやUSDCも、名前だけのステーブルコインに過ぎないということです。

パクソス社はその主張を裏付けるように、同社のステーブルコインPAXの準備金は、現金または現金同等物のみの組み合わせであることを開示しています。

テザー社がにらまれている理由

USDTのテザー社|透明性を主張するため監査を実施へ!

5月にテザー社が開示したUSDTが持つ裏付けは、現金3.87%、受託預金24.20%、国庫短期証券2.94%、現金同等物とコマーシャルペーパー65.39%、その他となっています。

これが、米国の国会議員がテザー社の運営を厳しくチェックしている理由です。

また、テザー社は、5ヶ月前にニューヨーク州司法長官室と和解した後、準備金に関する報告書の提出を開始しました。

同社はその後もこれらの報告書を送り続けています。

リファレンス:NEWSBTC

おすすめ記事