FTXのIEO|優良銘柄が多いが、選ばれし者ののみ参加可能!

FTXのIEO|優良銘柄が多いが、選ばれし者ののみ参加可能!

今注目されている取引所FTXのIEOはとても人気!

それゆえに当選確率が高すぎてなかなか当たりませんが、当たったら超ラッキーです。

IEOとは?

FTX IEO

FTXのIEO|優良銘柄が多いが、選ばれし者ののみ参加可能!

FTXは天才アフロと呼ばれるバンクマンによって設立された取引所です。

勢いのあるFTXはIEOの頻度も高めで、優良銘柄が多く誕生しています。

FTX IEO|参加方法

FTXのIEO|優良銘柄が多いが、選ばれし者ののみ参加可能!

抽選式です。参加にはいくつか条件があります。

あらかじめ資金が必要です。

1. トークン確認

FTX公式サイトでIEOトークンの詳細を確認できます。

2. FTX口座開設

FTXに登録し、口座開設しましょう。

公式サイトでも言われていますが、次の本人確認に時間がかかることがあるため、早めの口座開設をおすすめします。

3.本人確認

写真付き身分証明書(レベル2)の本人確認をします。

4. 専用口座開設

IEOトークン専用口座を開設します。

5. 抽選チケット

参加には最低1枚の抽選チケットが必要です。

IEO開始前の一定期間、FTTの保有量や過去の出来高によって抽選チケットの枚数が決まります。

各IEOによって毎回チケットの獲得条件が変わります。

6. 入札申し込み

申し込み期間内にエントリーします。

7. 入札

  1. 入札に必要な資金(USDまたはUSDT)を専用口座に入金
  2. トークンをいくらで買うか入札金額を決める
  3. FTTを追い金で当選確率UP

※入札金額、FTTは多めに設定しましょう。入札できなかった場合、これらは返却されます。

※USDTやFTXは日本の取引所では買えません。日本の取引所でビットコインなどを買い、FTXへ送ってUSDTやFTTと交換しましょう。

SolriseFinance(SLRS)の場合
1チケットにつき購入権利は5,000SLRSです。4チケットもっているとします。

・1SLRSを0.05ドルで購入したいなら、0.05×5,000×4=1,000USD(T)

・1チケットにつき5FTTを追い金するなら、5×4=20FTT

8. 抽選結果

配分結果が発表され、当選すればIEOトークンが入金されます。

9. 上場

抽選結果から数日以内に一般市場へと上場され、トークンのロックが解除され取引可能になります。

売っても構いませんし、値上がりを期待して持っていても良いでしょう。

FTX IEO |参加条件例

FTXのIEO|優良銘柄が多いが、選ばれし者ののみ参加可能!

2021/6/29にIEOが開始されるsolrise financeのSLRSトークンを例に参加条件を見てみましょう。

 IEOトークン:SLRS

参加条件
IEO開始24時間以内に150FTT以上をFTXにステーキング。FTT量に対してもらえる抽選チケットが決まる。

FTTの量チケット数
1501
1,0002
10,0003
50,0004
250,0005
1.000,0006

IEO開始(入札期間)
2021/6/29 22:00~23:00
1 SLRSにつき0.04〜0.05USD、1抽選チケットにつき5FTTを入札。

過去のFTX IEOと
当選確率

FTXのIEO|優良銘柄が多いが、選ばれし者ののみ参加可能!

FTX過去のIEOデータです。

日時銘柄当選
確率
2019/7FTX Token
(FTT)
2020/8Serum
(SRM)
3.5%
2020/9Hedget
(HGET)
2020/9UpBots
(UBXT
2020/12BONFIDA
(FIDA
2020/1Maps.me Token
(MAPS)
7.6%
2020/3OXYGEN
(OXY)
3.5%
2020/8Mercury Finance
(MER)
2021/6solrise finance
(SLRS)

FTT IEO
どこでチェックする?

FTXのIEO|優良銘柄が多いが、選ばれし者ののみ参加可能!

FTX IEOは下記からチェックしましょう。

ツイッター

公式ツイッターでは常に新規情報がチェックできます。

coincodex

coindexでは、FTXのIEOスケジュールが一覧で確認できます。

まとめ

FTXのIEO|優良銘柄が多いが、選ばれし者ののみ参加可能!

極めて高い確率で大きなリターンが得られる、FTXのIEO。

そのため入場規制ともいえる高い参加条件が設けられています。

このチャンスをモノにしたいなら、ぜひチャレンジしてみましょう!

日本国内初のIEOはこちら↓

バイナンスのIEOはこちら↓

おすすめ記事