TUSD(TrueUSD)とは|セキュリティに強い【ステーブルコイン】

【ステーブルコイン】TUSD(TrueUSD)とは|セキュリティの鬼コイン!

USDT(テザー)なら知っているけど、それとは違うの?

同じステーブルコインですが、違います。

では何が違うのでしょうか?

・TUSDとは?

・TUSDの買い方

・TUSDはどう使う?なぜ使う?

TUSD(TrueUSD)とは?

  • 米ドルを担保とするステーブルコイン

  • シンプルで透明性、信頼性の高い安定コインとして設計

  • TrustTokenで米ドルをTUSDへ交換、逆にTUSDを米ドルに交換可能

  • 保管されている米ドルと、発行されたTUSDは常に同価値に保たれている

TUSD(TrueUSD)
いつ、誰がつくった?

【ステーブルコイン】TUSD(TrueUSD)とは|セキュリティの鬼コイン!

いつ2018年6月
設立・運営TrustToken社
参考ホワイトペーパーTwitter

TUSDの買い方

PAXはこの流れで手に入れることができます。

1. 取引所でビットコインを買う
2. バイナンス開設
3. ビットコインをバイナンスに送金
4. ビットコインをTUSDに交換

TUSD(TrueUSD)の通貨

【ステーブルコイン】TUSD(TrueUSD)とは|セキュリティの鬼コイン!

名称TrueUSD / トゥルーUSD
略称TUSD
発行
チェーン
Ethereum
購入方法TrustToken、Binance、Curve(DeFi)、
OKEx、BitMart、Coinall、MXC

TUSD(TrueUSD)
どう使う?

【ステーブルコイン】TUSD(TrueUSD)とは|セキュリティの鬼コイン!

  • 投資
  • リスクヘッジ

TUSD(TrueUSD)
なぜ使う?

【ステーブルコイン】TUSD(TrueUSD)とは|セキュリティの鬼コイン!

セキュリティ

使用されているスマートコントラクトは3つの異なるセキュリティ会社によって監査されており、いまだ問題は発見されていません。

エスクロー

TUSDの裏付けとなる資金はすべてエスクローや第三者の信託会社によって保管されているため、TrustToken社はユーザーの資金に直接アクセスすることはできません。

保険

TUSDの保有者は、米国の法律によって資金の不正流用から法的に保護されています。

資金が保管されている口座はFDIC(アメリカ合衆国連邦預金保険公社)の保険付き口座となっています。

監査

TrustToken社は会計事務所Cohen & Company によって毎月監査され、証明書が掲載されます。

ライセンスおよび規制

TrustToken社は米国での運営に必要なライセンスを取得しており、TUSDは米国で最初の規制された安定コインと言えます。

TUSD(TrueUSD)
1ドルにとどまる理由は?

【ステーブルコイン】TUSD(TrueUSD)とは|セキュリティの鬼コイン!

エスクロー口座に保有している米ドルと、流通しているTUSDの比率が「1対1」になるように設定されています。

DAIまとめ

【ステーブルコイン】TUSD(TrueUSD)とは|セキュリティの鬼コイン!

TUSDは透明性の高いステーブルコインとして人気を集めており、やがてUSDT(テザー)の代替となるかもしれません。

しかし時価総額ランキングでいうとUSDTとの差は歴然です。

認知度をとるか、安全性をとるか、はたまた将来性をとるのかはあなた次第です。

おすすめ記事