ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

DeFiに興味のある方が増えていますが、トラブル続出しています。

対策法をひとつ、ご紹介します。

ラグプル回避!
RugDoc

RugDoc

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

数あるイールド・ファーミングDeFiを検証し、ラグプルの危険度をわかりやすく知らせてくれるウェブサイトです。

ラグプルとは?
暗号開発者がプロジェクトを放棄し、投資家の資金を持って逃げ出すこと。

BSCネットワークを使ったDeFiのラグプル検証一覧です。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

Polygon(旧MATIC)ネットワークを使ったDeFiのラグプル検証一覧です。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

Fantomネットワークを使ったDeFiのラグプル検証一覧です。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

HECOネットワークを使ったDeFiのラグプル検証一覧です。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

Avalancheネットワークを使ったDeFiのラグプル検証一覧です。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

RugDoc 使い方

リスク選別

ピンクの枠部分を選択します。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

ここでリスク別に表示できます。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

  • Least Risk 最小限のリスク
  • Low Risk ローリスク
  • Some Risk リスク可能性あり
  • High Risk ハイリスク
  • Not Eligible 対象外

各リスクは色で分類されています。

Least Risk(グリーン)
ハードラグやソフトラグの可能性が最も低いプロジェクト。エコシステムの基礎となるプロジェクト。

Low Risk(グレー)
ハードラグ・リスクはほとんどないが、DeFiでは何が起こってもおかしくないのでソフトラグ・リスクには注意。

Some Risk(オレンジ)
リスクが高く、エントリーする前に調査する必要あり。十分な注意が必要。

High Risk(レッド)
プロジェクトには資金を失う可能性のあるコードや手法が含まれています。非常にリスクが高く、このプロジェクトに参加すると資金のすべてを失う可能性大。ハードラグ・リスクに対する方法を知っていて、100%の損失を覚悟している高度な投資家でない限り、参加することはお勧めできない。

▼ハイリスク(レッド)を並べた画面。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

こんなにもあるのかと驚かされます。

検索

検索バーで探したいDeFiの名前を検索します。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

以前記事にしたFrankenstein Financeを検索してみます。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

!High Risk!

運用してから価値が下がっていたのはわかっていたのですが…

はじめからここを見ておくべきでした…

魔界DeFiの運用結果|フランケンシュタインの結末

ラグプルされたDeFi

PugDogというDeFiですが、すでにラグプルされたようです。

ラグプル回避!DeFiでの詐欺に対抗する方法「RugDoc」

オフィシャルのテレグラム、LPトークンも消された模様。

RugDoc
まとめ

もちろんRigDocでの検証は100%安全とは言い切れません。

ブロックチェーンを使った技術は専門家ですら対処できないこともあります。

毎日のように新しいDeFiが誕生し、毎日のように詐欺が発生しています。

利用する際、十分に注意しておきましょう。

おすすめ記事