DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

仮想通貨をDeFiで運用する人が増えました。

一方、預けた通貨が詐欺などの被害にあう人が続出しています。

DeFi保険はそんな人へ向けたサービスです。

DeFi保険とは?

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

A. DeFiの被害に保険がかけられる

自動車の保険と同じで、被害にあった場合に被害額に対して保険金が支払われます。

なぜDeFi保険を使うの?

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

A. 詐欺が多いから

DeFiの歴史はまだ短く、技術のスキをついた詐欺・ハッキング・サイバー攻撃が多発しています。

あまりに多いので保険で対応させようという動きが出てきました。

DeFi保険の種類

大きく2つあります。

1. 損害保険

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

保険に加入しておくことで、被害にあった損失に対して保険金を受け取ることができます。

Nexus Mutual

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

Nexus Mutual

・ベースチェーン:Ethereum
・KYC(本人確認)必要
・日本人利用不可

スマートコントラクトのハッキングやバグが原因の損失をカバーしてくれる保険です。

Compoundで貸したり、Uniswapで預けた通貨などが対象になります。

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

被害への補償決定はコミュニティの判断となります。Nexus Mutualの独自トークンNXMを持つことで、コミュニティでの投票権利を得ます。

2. デリバティブ

将来起きることに対して、事前に保険をかけておきます。

Cover Protocol

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

Cover Protocol

ベースチェーン:Ethereum、BCSC(準備中)
KYC(本人確認)なし
日本人利用可

スマートコントラクトのハッキングなどの不正が起こるか否かを予測してトークンを買います。

不正行為が発生した時に保険金を請求できる「CLAIM」。

何も発生しなかった時に保険金を受け取れる「NOCLAIM」。

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

各者はそれぞれを購入してトークンを保有しておきます。

CoverProtocolはKYCがなく、完全な非中央集権を目指しています。

Opium Insurance

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

Opium Insurance

ベースチェーン:Ethereum、BSC、Polygon
KYC(本人確認)必要
日本人利用不可

スマートコントラクトのハッキングやステーブルコインのデフォルト(破綻)に対しての保険を扱っています。

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

保険の販売者はユーザーです。資金を預けトークンを受け取ります。見返りとして買い手からの保険料で受動収入を得ます。

トークンを預けて、$OPIUMの流動性マイニングに参加することもできます。

保険の買い手は保険料を支払って商品を選択し、トークンを受け取ります。トークンは売買することもできます。

DeFi保険まとめ

DeFi保険とは|被害にあってからでは遅い!リスクヘッジで対策を!

現実世界には数兆ドル規模の保険業界が存在します。

それを破壊する可能性のあるブロックチェーンを使った「分散型保険」。

保険の透明性と民主化により、発展途上国の十分なサービスを受けていない市場にも活用できそうです。

おすすめ記事