DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

DeFiとメタマスクを接続・設定する方法

他の記事でメタマスクにFTM(ファントム)追加→バイナンスからFTM送金をご紹介しました。

今日はDeFiサービスとメタマスクを接続する方法をご紹介します。

DeFiするならメタマスクの設定が必要です。

有名でない「草コイン」と呼ばれるアルトコインに興味がありますか?

ではメタマスクに格納できる設定方法もご説明します。

DeFiとメタマスクを
接続・設定する方法

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

下記が基本的な手順です。

  1. DeFiとメタマスクを接続する
  2. メタマスクにトークン枠を作る

今回は魔界と呼ばれるDeFi「フランケンシュタイン」でFRANK(フランク)を例に、メタマスクを接続します。

1. DeFiとメタマスクを接続

フランケンシュタインとメタマスクを接続します。

「フランケンシュタイン画面」

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

Launch Appをクリック

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

右上メニューをクリック

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

今回はFTMチェーン設定で説明します。

FTMをクリック

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

FTMになっているのを確認

Connect Walletをクリック

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

Metamaskをクリック

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

メタマスクが立ち上がるので次へをクリック

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

接続をクリック

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

メタマスクの接続完了

2. メタマスクにトークン枠を作る

草コインと呼ばれるアルトコインはメタマスクに登録されていません。

メタマスクで設定する必要があります。

今回はフランケンシュタインのオリジナル通貨FRANK(フランク)を例に説明します。

FRANKのトークンコントラクトアドレスが必要です。

FTMScanで検索するところから始めます。

「FTMScan画面」

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

FTMScanでFRANKを検索し、トークンコントラクトをコピー

下記をコピーでもOK

0xeb86B05cFEE3e48DB9a44275701Ed099462c8ba0

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

メタマスクトップのトークンを追加

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

先ほどのトークンコントラクトアドレスをペースト

トークンシンボル、小数点桁数が自動反映されるので、内容を確認して次へ

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

トークンを追加

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

FRANK枠の完成

DeFiとメタマスクを接続 & アルトコインを設定する方法

トップにはFTMとFRANKが表示されている状態

おわりに

増え続けるDeFiサービス。

ほぼすべてのサービスにメタマスクは接続可能です。

今回の方法で設定すれば、いろいろなアルトコインが格納できます。

次は魔界と呼ばれるDeFiでコインを買ってあずける方法を紹介します。

魔界DeFiで魔界コインを買う→あずけて金利をかせぐ方法

おすすめ記事