ディセントラランド/Decentralandの【未来】は安心なのか?

Decentraland / デセントラランドの【未来】は安心なのか?

ディセントラランドのロードマップ

Decentraland / デセントラランドの【未来】は安心なのか?

ディセントラランドにはロードマップ(目標までの工程表)が存在しますが、かなり長い間更新されていません。

ただしディセントラランドが技術的にDAOになったのが昨年の稼働直前だったことを考えると、これは納得できます。

とはいえ、ディセントラランドはそのガバナンスプロセスに関してはまだ詳細を詰めている段階です。

1月に投稿されたブログでは、使いやすさやネットワーク料金に関する問題が解決されるまで、巨大なコミュニティの金庫にある資金は使用されないと説明されています。

この問題は、ディセントラランドのガバナンスプロセスを見直し、オフチェーン化するという近々の提案の焦点でもあります。

Decentraland / デセントラランドの【未来】は安心なのか?

このオフチェーンソリューションにPolygonのようなレイヤー2ブロックチェーンが含まれるかどうかはまだわかりませんが、vがEthereumの高いガス料金に苦しめられていることは明らかです。

→サイドチェーン技術のPlasma技術を使ってトランザクションをオフチェーンで処理するポリゴン(Polygon)の採用が発表されました。メインチェーンであるイーサリアムからセカンダリーチェーンに移動させることで、決済が迅速に行えるだけでなく、すべての取引を無料で行うことができるようになります。

ガバナンスの改善以外にも、ディセントラランドの提案には、可決されたもののまだ制定されていないものがいくつかあります。

その中には、失われた土地を取り戻すことを可能にする提案があります。

Decentraland / デセントラランドの【未来】は安心なのか?

ディセントラランドのマーケットプレイスに戻ってきたLANDトークンを売りに出すか、元の所有者に戻すための活動タイマーを導入するというものです。

暗号通貨の根底は自己管理であり、もし暗号資産を失った場合、それは所有者の責任です。

ここで説明されている回収モデルは実際に多くの国の既存の法律を模倣しており、紛失して放棄された土地が不動産市場に再参入することを可能するものです。

ディセントラランドへのNFT投資は今なのか

デジタル不動産に投資すべきか?


リファレンス|Coinmonks:Decentraland (MANA): One Crazy NFT Project!

おすすめ記事