ディセントラランド/Decentralandとは?|不動産は仮想空間で買う時代へ

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

Decentraland
ディセントラランド

ディセントラランド
Decentraland
とは?

ディセントラランドという名の世界初の完全分散型メタバース(仮想空間)のこと。

ディセントラランド内を自由に探索できたり、自分で土地のオーナーになって建物を作り、お店を始めて、他のユーザーへ共有することもできます。

UXはSecond Lifeと世界で最も人気のあるマルチプレイヤーゲームの1つであるMinecraftに大きく基づいています。

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

ディセントラランド
概要

運営会社Metaverse Holdings Ltd
設立年2017年
一般公開年   2020年
ユーザー数12,000人
(2020年3月1日時点)
構成ETHブロックチェーン
(非中央集権型)
使用通貨MANA

ディセントラランド
略歴

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...
  • 2015年 – ディセントラランドを設立
  • 2017年8月 – ICO(イニシャル・コイン・オファリング)で約2,400万ドルを調達
  • 2017年12月 – 開発者が仮想資産の一等地を選ぶ最初の「LAND」オークションを開催
  • 2018年3月 – 需要により優先されるようになった後、ディセントラランドの土地マーケットプレイスがオープン
  • 2018年6月 – 開発者が作品を作り始め、その月のLANDの売上はCryptoKittiesの数量の2倍になる
  • 2019年7月 – カスタマイズ可能なアバターが販売開始
  • 2020年2月 – 一般公開

ディセントラランド
作ったのは誰?

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

プロジェクトリーダーのAri Meilich(twitter)とテックリードのEsteban Ordano(twitterGithub)によって、2017年にディセントラランドが設立されました。

会社はMetaverse Holdings Ltdとして登録され、中国の北京に本社を置いています。

Ordano氏は、BitPayのソフトウェアエンジニアであり、主要なビットコインインフラストラクチャライブラリであるBitcoreを共同作成したことでも知られています。

またCopayの開発にも携わり、Streamiumアプリケーションを開発したチームを率いていました。

他のディセントラランドチームのメンバーとともに、OrdanoはアルゼンチンでVoltaireというブロックチェーン志向のハッカースペースも共同設立しています。

ディセントラランド
できること

①自由に探索できる

ユーザー(自分)はアバター(ユーザーの分身となるキャラクター)を使って、開発が進む仮想空間ディセントラランドを探索することができます。

そしてディセントラランド内にはたくさんの魅力的な「地区」があります。

  • 「Crypto Valley Art Gallery」
    デジタルアートを購入できる
  • 「Bartertown」
    →メタバースの常連客と取引できる
  • 「Decentraland University」
    →学習できる

②購入できる

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

Marketplace(マーケットプレイス)では、LAND(土地)、アバター用のウェアラブル(衣類、靴、アクセサリーなど)を購入することができます。

そして各取引はイーサリアムのブロックチェーンに記録されます。

③開発できる

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

ディセントラランドのソフトウェア開発キット(SDK)を使って、購入した仮想現実の土地内で3Dコンテンツを作ることができます。

コーディングの知識がなくても、コンテンツをドラッグ&ドロップするだけでインタラクティブなシーンを作ることができます。

ディセントラランド
仕組み

ディセントラランドは3つのネイティブトークンによって構成されています。

  • MANA(ディセントラランドの通貨として機能するERC-20トークン)
  • LAND(デジタルランドの区画を表すERC-721トークン)
  • ESTATE(デジタルランドの合併区画を表すERC-721トークン)

ERC-20トークンと
ERC-721トークンの
違い

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

MANAのようなERC-20トークンは、他のERC-20トークンと互換性があることを意味するFungible(代替可能)トークンです。

この性質から、MANAはディセントラランドの理想的なインワールド通貨となっています。

LANDESTATEのようなERC-721トークンは独自性を持っています。このトークンはNFT(Non-Fungible Tokens)と呼ばれており、互換性がありません。

つまり通貨としては機能せず、アバターやウェアラブル、代替え不可な土地など、世界に一つだけのアイテムを作るのに適しています。

ディセントラランドを
管理するDAO

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

コンテンツサーバー、LANDコントラクト、MANAトークン、さらにはLANDオークションからアバターのためのウェアラブルまで、ディセントラランドを支配するすべての決定はDAOによって管理されています。

DAO(Decentralized Autonomous Organization)は、主要な資産やスマートコントラクトを管理しています。

ユーザーは、DAO構造を用いてガバナンスの決定に参加したり、コンテンツに対する財団の助成金の帰属などについて投票権を行使することができます。

MANAを保有するプレイヤーやクリエイターは、DAOを通じてこの仮想世界が将来どのように運営されるか(機能を追加するかどうか、販売手数料の配分、コンテンツの調整など)を決定する投票権を持ちます。

MANA / 通貨

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

MANAとは?

MANAとはディセントラランドで使用できる通貨のことです。

MANAの概要

1 MANA約0.87ドル
(2021/3時点)
時価総額約29.3億ドル
(2021/3時点)
時価総額ランキング65位
(2021/3時点)
最大供給量2,644,403,343MANA

MANAは供給量が決まっています。つまりユーザーが使えば使うほど、流通量は減っていきます。

すると需要の増加と供給の減少が相まって、一般的に価格は高くなります。

これはMANAトークンの保有者にとっては良い材料となります。

そしてMANAはERC-20トークンなので、保管できるウォレットがたくさんあります。

資金調達

ディセントラランドはプライマリーマーケットとして、2017年8月ICO(イニシャルコインオファリング)を完了。

約2,400万米ドルの資金をわずか35秒で調達し、ICOの資金調達記録を塗り替えました。

※プライマリーマーケットとは、企業などが株式、債券、仮想通貨を発行して資金調達する市場のこと。「発行市場」とも呼びます。

MANAの初期供給量は以下のように分配されています。

40%ユーザーへ初期販売
20%コミュニティとパートナーに分配(ディセントラランドとの即時的な交流を促進する手当)
20%創業チームに分配
20%ディセントラランド財団に保持

MANAの
購入方法は?

海外取引所(BINANCE, Geminiなど)での購入のみとなっています。

現在MANAを取り扱っている国内取引所はありません。

おすすめの海外取引所
バイナンス(BINANCE)

  • 取り扱っている仮想通貨の種類が最大260種類
  • 手数料の安さ。国内取引所は手数料が10%近く取られますが、バイナンスは0.1%と100倍違います。
  • 日本語サイトが用意されている。

ただ海外取引所を利用することに抵抗があるという方は、国内取引所を利用して他のコインへの投資を行いながら、MANAが上場し購入できる日が来るのを待ちましょう。

おすすめはコインチェックです。

  • 取り扱っている仮想通貨の種類が豊富。16種類と国内最多
  • 円建てで500円からの少額での購入が可能
  • MANA以外のNFT関連銘柄も上場する可能性がある

その他日本の取引所比較リストはこちら


LAND / 土地

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

LANDとは?

LANDとはディセントラランドの土地のことです。

道路や広場を除くすべてのLANDを、ユーザーが自由に売買したり開発ができます。

販売・流通

2017年12月に開催された1回目と、2018年12月に開催された2回目の各オークションでユーザーへLANDを販売しました。

以降のセカンダリーマーケットでは、LANDの売買は区画所有者の判断で行われます。

※セカンダリーマーケットとは、発行済み株式、債券、仮想通貨を投資家間で売買する市場のこと。「流通市場」とも呼びます。

概要

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...
  • 1区画は「Parsel」(パーセル)という
  • 「Parsel」のサイズは16×16 m
  • 所有している「Parsel」と隣地の「Parsel」を合併することで「ESTATE」(エステート)となる
  • 「Parsel」「ESTATE」は売買可能
  • 92,598区画に分割され制限されている

LANDを購入したユーザーは、その土地を完全かつ永久に所有することができます。

また、所有者はLANDを自由に管理することができ、その上でアイテムやコンテンツを作成することができます。

ただし、建物の基礎部分などの「大きさ」に制限があります。

この制限は、ユーザーが購入したLANDの大きさによって異なります。建築物の高さには制限がありません。

LANDの区画変更は、Ethereum LANDスマートコントラクトに登録され、Ethereumブロックチェーンによって検証されます。

LANDで
何ができるか?

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...
  • LANDを売買/賃貸
  • LAND内で作成されたアイテムやコンテンツを売買
  • ゲームやミュージックライブに課金して参加
  • 商品やサービスの広告看板を出す
  • など…

変動する価格

  • 2019年初頭 500ドルで販売された土地は、2020年に7,860ドル以上で取引された。
  • 2021/1 ある2,000ドルの土地が、2ヵ月後175,000ドル以上にまで高騰。
  • 2021/3 LANDの1区画は平均して6,900MANA(5,800ドルに相当)で販売されている。


注意点

デメリットとリスク

手数料

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

LANDやウェアラブルアイテムを購入したり、アバターの名前を変更する際などに、手数料がかかります。

デメリットはの手数料の高さです。ブロックチェーン「イーサリアム(Ethereum)」の「ガス代」と呼ばれるものです。

しかしこれはディセントラランド自体の課題というよりも、Ethereumが抱える課題であると言えます。

→サイドチェーンであるポリゴン(Polygon)を使用することで手数料が無料になるようです。

LANDの値段

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

LANDの相場は数万円〜数百万円(すぐに数千万円も出てくると思います…)と高額で、誰もが気軽にLANDを購入してアイテムやコンテンツを作って遊べるはいえません。

現実不動産と
似ている

デジタルランドへの投資のリスクは、現実世界の不動産を購入するのとよく似ています。

ディセントラランドへの投資は今が時期なのかを十分見極める必要があります。

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

土地を買ったものの、周辺環境が悪化しても手放すことができなくなるかもしれません。

また他の新しいセクションが出現してトラフィックを奪い、以前の人気のエリアがゴーストタウンになってしまうかもしれません。

さらに悪いことに、優れたプラットフォームが登場してディセントラランド全体が時代遅れになる可能性もあります。

不動産が有限である地球とは異なり、仮想世界は無限に作ることができます。

どのようなものが大衆の想像力を、それを維持できるかは「時の試練」となるでしょう。

ディセントラランド以外の土地が買える仮想空間はこちら


その他ニュース

Adidas

▼Adidasはディセントラランド内でKarlie Klossとのコラボレーションを行い、参加者は自分のアバターが履くAdidasの靴を無料で手に入れることができた。このイベントには、世界中の人々が参加。


ATARI

▼米老舗ゲーム会社ATARI(アタリ)のゲームセンターがすでにディセントラランド内に設置されているが、カジノの設置も予定されている。

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...


Battle Racers

▼ブロックチェーンレースゲームのBattle Racersが公開された


▶︎コインペディアによると、2021年の終わりにはMANAは4.5ドル(日本円で約488円)まで上がる可能性があると予測されている。

▶︎MANAはバイナンスとの提携を発表。これにより仮想不動産オークションでバイナンスコイン(BNB)の支払いを受入れ、ユーザーはバイナンスのTrustウォレットを通じて、イベントに参加できるようになった。

▶︎Animoca Brandsと提携。2018年10月Animoca Brandsとディセントラランドは、50万ドル相当のMANAとAnimoca Brands株式をスワップし相互投資を行った。

▶︎法定通貨の入金サービスを手がけるトランザック(Transak)と提携することで、クレジットカードを使ってMANAの購入も可能となった。


結論 / まとめ

Decentraland / デセントラランドとは?|もう知らないではすまされない...

ディセントラランドは企業ではあるものの、ソフトウェアはオープンソースで開発され、構成はEthereumとその上で動くスマートコントラクト、ストレージにはIPFS(分散型ファイルシステム)を使っているため、事実上分散型のサービスと言えます。

その分散型デザインにより、全く新しい種類のメタバースへの道を開いています。

仮想世界で生み出した価値を現実世界に移すことができるのは初めてのことです。

ディセントラランドは単なるゲームではありません。

ただし非中央集権の世界を謳っていますが、土地を「生み出す」権利を運営者が持っていたこと、ユーザーのMANA所有比率が全体の40%であることから中央集権的とも言えるのではないかという側面も伺えます。

おすすめ記事