DAOとは?DAOで何ができるのか?

DAOとは?|これからの新しい【組織】に着目せよ

DAOの意味

D=Decentralized
A=Autonomous
O=Organization

Decentralized(非中央集権型)
中心となるリーダーがおらず、ボトムアップ(下からの意見を吸い上げて全体をまとめていく管理方式)で意思決定が行われる。

Autonomous(自律的)
アイデアそれ自体が生命を持ち、それを実現するために他の人に動機を与えることができます。

Organization(組織)
自己資金の管理方法など、独自のルールを持つことができます。

DAOとは?

DAOとは、共通のミッションを達成するために、共有されたルールに基づいてインターネット上で調整を行う、中央管理者のいない人々のグループのことです。スマートコントラクトをより複雑にしたもので、中央集権的な権威や階層を持たない組織やプラットフォームを統治するための非常に効果的な手法でもあります。

難しい仮想通貨の用語集はこちら

DAOに適しているもの

DAOは、共通のミッションに基づいて世界中の参加者を調整するのに適しています。チャットグループに参加するような感覚で、人々が集まって共通のミッションに取り組むことができます。DAOは、インターネットに接続されている人なら誰でも、メンバーや財務状況、決定事項などを確認することができます。

DAOを使った例

ディセントラランド DAO

ディセントラランドは世界初の完全分散型メタバースで、不動産やNFTを展示できるアートギャラリーなど、様々な可能性を秘めています。ディセントラランド DAOは、このメタバースがどのように構築されていくのかという点で重要な役割を担っています。LANDオークションからアバターのためのウェアラブルまで、ディセントラランドを支配するすべての決定はディセントラランド DAOによって管理されています。

ディセントラランドの詳細はこちら

MetaCartel Ventures

ユニークなタイプのDAOであるMetaCartel Venturesは、新しいDAOプロジェクトのためのコミュニティベースのベンチャーキャピタルファンドを目指しています。業界の専門家や創業者からなるこのグローバルなグループは、様々な分野のデジタルアセットビルダーの活動をサポートしています。MetaCartelでは、メンバーが資本をプールし、プロジェクトに投資し、投資からの収益を共有することができます。

Flamingo

FlamingoはThe Lao DAOから生まれたプロジェクトで、NFTをバネにしてDAOを作ることを目指しています。ステークホルダーは、あるNFTの購入案に投票します。それが承認されると、指定されたメンバーやサービスプロバイダーがそのNFTを購入し、保有するトークンの量に応じてステークホルダーに所有権が分配されます。

アラゴン

Aragonでは、ユーザーが自分のDAOを作ることで、コミュニティを構築したり、既存の機関をデジタル化したりすることができます。Aragonは以前からブロックチェーン業界の中心的存在であり、そのサービスは常に拡大しています。現在このプラットフォームでは、1700以上の組織が作成され、その間に9億円以上のAUM(資産運用総額)があるという印象的な統計を提供しています。

DeFiガバナンス

DeFiの新興分野では、分散型の取引所や金融商品が、DAOに触発されたモデルを用いて分散型の方法で統治されることが期待されています。例えばUniswapは、UNIトークンとグローバルコミュニティによって統治され、プラットフォームの利益はユーザーに分配されます。また、UNIDAOのようなDAOベースの投資ファンドは、DAOの仕組みを利用して、DeFiのエコシステムを活用した集団投資の手段を構築しています。UNIDAOの各DAOは、異なるリスクプロファイルを持つコントリビューターに合わせて、独自の特性を持っています。UNIDAOは、信頼性が高く、透明性があり、コミュニティが管理するソリューションです。

DeFiの詳細はこちら

可能性

多くのプロトコルやDAOが誕生していますが、既存の企業や組織も、DAOを推進するスマートコントラクト技術を利用できるようになるでしょう。分散型の組織モデルは、業務の合理化や、より自動化された公平なシステムの構築を目指す組織にとって、適切な判断材料となります。

落とし穴

2016年大規模なセキュリティ侵害により、The DAO(DAO技術が最初に広く普及したうちの1つ)から数百万ドルのETHが盗まれました。あまりにも大きな侵害だったため、イーサリアムの開発者が介入し、ハードフォークをおこなうことでユーザーの資金を取り戻しました。物議を醸したこの事件は、成長を続けるブロックチェーン業界に対し、技術開発の初期段階で難しい問題を投げかけました。非常に残念なセキュリティ侵害ではありましたが、2016年のThe Daoの大規模なハッキングは、今後のDAOのセキュリティに注目を集めることになりました。

DAOまとめ

DAOのユースケースはすでに多岐にわたっていますが、その領域は急速に拡大しています。DAO、スマートコントラクト、トークン化によって、ステークホルダーやコミュニティに力を与える強力な分散型組織が生み出されるでしょう。

おすすめ記事