サンドボックス/The SANDBOXとは?|ただのゲームじゃないゲーム

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

サンドボックス
The SANDBOX

サンドボックス
The SANDBOX
とは?

The SANDBOXはMetaverse(メタバース)と呼ばれる仮想空間です。香港、カナダ、フィンランド、アルゼンチンに拠点を置くゲーム開発会社Animoca Brands(アニモカブランド)によって運営されています。

利用者はその空間内でLAND(土地)を購入・レンタルすることで、オリジナルのゲーム・アイテム・キャラクター・サービスを作成し、売買することができます。

マインクラフトなどのシュミレーションゲームが好きなゲーマーには、とても親しみを感じられるゲームプラットフォームになっています。

通常のゲームと違うところは、ユーザーが自分たちの意思で行動し、作っていく。誰にも縛られない世界がサンドボックスです。

サンドボックスの概要

運営会社TSB Gaming Ltd(親会社はAnimoca Brands)
設立年2012年
一般公開年   2021年第1四半期にリリース予定
ユーザー数2021年末までに100万人を予想
構成ETHブロックチェーン
(非中央集権型)
使用通貨SAND

ゲーム構造は、ETHブロックチェーンで非中央集権型となっています。

サンドボックスで作られたものは、Non-Fungible Token (NFT)としてブロックチェーンに保存されます。

クリエイター、プレイヤー、ブランドがお互いに協力して構築し、成長することができる新しいエンタテインメント・バーチャルワールドを目指しています。

サンドボックス
略歴

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない
  • 2012年 – The Sanboxの初版であるWindowsとモバイル版をリリース
  • 2016年 – 続編「The Sandbox Evolution」をリリース。
  • 2018年 – モバイルからブロックチェーンシステムに持ち込むことが決定
  • 2018年 – Animoca Brandsに買収される。
  • 2020年 – 通貨SANDがBinanceで初取引できるようになる。
  • 2020年 – 一般公開予定

サンドボックス
作ったのは誰?

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

Sébastien Borget / セバスチャン・ボーゲット(Facebook, Twitter, LinkedIn

  • サンドボックス共同設立者兼最高運営責任者
  • ブロックチェーンゲーム連合(BGA)会長
  • Pixowl Inc. 共同設立者兼最高運営責任者

スタートアップの成長に13年の経験を持つ起業家であり父親。

フランスで有数の情報通信技術の大学院である Telecom SudParis でコンピュータサイエンスエンジニアの学位を取得している。

9年間モバイルゲームに携わり、過去3年間はブロックチェーン技術をゲーム体験に導入するという最先端の仕事に従事。

「私たちはMinecraftやRobloxのような既存のゲームメーカーを破壊することを目指しています」と語る。

資金調達と
パートナーシップ

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

サンドボックスはこれまでに多くの資金調達やパートナーシップを繰り返しています。

最初のシードラウンドで、4.2億ドルの資金を調達。最近のBinance SAND IEOでは、大幅な追加資金を調達しました。

・2019年 – 世界最大の暗号資産ファンドであるHashedを中心に、開発のために250万ドルの資金を調達
・2019年 – スクウェア・エニックス、B Cryptos、True Global Venturesは現金と暗号通貨(投資比率は現金が83%、暗号通貨が17%)で201万ドルを投資。
・2019年 – 韓国の大手メッセンジャーアプリ「Kakao」が開発したブロックチェーンプラットフォーム「Kraytn」と提携
・2020年 – Atariとのパートナーシップを発表
・2020年 – Care BearsフランチャイズのオーナーであるCloudco Entertainmentとのパートナーシップを発表

「Shaun the Sheep」などのブランド、「Dapper Labs」(CryptoKitties)などのdAppゲームスタジオ、「Square Enix」(Final Fantasy、Tomb Raider)、「ATARI」(Rollercoaster Tycoon、Pong)などの代表的なゲーム会社など、プラットフォーム上でコンテンツを開発するための50以上のパートナーを確保しています。これらのパートナーは、サンドボックスのメタバース内に独自の仮想不動産を確保し、マルチプレイヤーのソーシャル体験を提供する予定です。

その他BinanceCoinCheck、Metakovan、Pranksy、Socios、CoinMarketCapなどがLANDオーナーに名を連ねます。

LANDを取得する新たなベンチャーキャピタルや投資パートナーには、暗号プロジェクトのNifty Gateway、21x、Geminiのほか、Galaxy Interactive、Craft Venturesの共同創業者であるBill Lee(Cloud9、Coinbase、Teslaの初期投資家)、PayPalの共同創業者であるKen Howery、シリアルアントレプレナーのSundeep Madra、億万長者の双子TylerとCameron Winklevossが設立したGemini Frontier Fundなどがいます。

ATARI社とのパートナーシップでは、「Rollercoaster Tycoon」や「PONG」など、同社の人気IPをベースにしたゲームを開発(2021年開始予定)します。

他のパートナーとして、Uken Gamesの最高経営責任者であるChris Ye氏・Alex Reece氏、Redemption Gamesの創設者であるMichael Witz氏・Edward Saatchi氏・Patricio Fuks氏が挙げられます。

サンドボックス
できること

3つの主要構成

  1. NFTゲームアセットを構築するための3Dボクセルアートアニメーションソフトウェア「VoxEdit
  2. サンドボックス・メタバースでゲーム体験を創造するためのツール「Game Maker
  3. NFTアセットを売買するための「Market Place

① VoxEdit

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

VoxEdit(ボックスエディット)は、ボクセルモデルの作成とアニメーションを行うためのサンドボックス独自のオールインワンツールです。モデラー、アニメーター、ブロックエディターの3つの主要機能を備えています。

積み木のような正方形の3Dピクセルであるボクセルを無料ツールVoxEditによって操作し、ゲーム内で利用することができるオリジナルのアイテム・キャラクター・建物などを自作することができます。

作成した作品はGame Make(ゲームメーカー)エクスポートしてゲームの一部としたり、Marketplace(マーケットプレース)にエクスポートして資産として販売することができます。

② Game Maker

Game Maker(ゲームメーカー)は、誰でもダウンロードして使えるPC、MAC用のソフトウェアです。プログラミングの知識がなくてもゲームが作れます。

ボクセルグラフィックの質が高く、滑らかなで豊かなアニメーションを表現することが可能です。

ユーザーは、VoxEditで作られたアセット(ボクセルアイテム)を使ってゲームを作ることができます。操作方法は簡単で、アセット作成ツールのVoxEditで作成したアセットを、ドラッグ&ドロップするだけです。作成したアセットをMarketplace(マーケットプレイス)で販売することもできます。

ゲームジャムというコンテストを開催しています。第1回目が大成功を収めたので、第2回目のコンテストでは5万SANDの優勝賞金が用意されました。

③ Marketplace

Marketplace(マーケットプレイス)は、ユーザーが作った作品を売買することができるワンストップショップ(売り手と買い手が自由に参加できるインターネット上の取引市場)です。ここでは、ASSET(資産・作品)、LAND(土地)、ESTATE(複合土地)を購入することができます。

ユーザーがVoxEditで作成した作品は、まず分散型ストレージであるIPFSネットワークにアップロードされ、所有権を証明するためにブロックチェーンに登録されます。この登録が完了すると、作品はASSET資産となり、マーケットプレイスで初期販売のオファーを出し、買い手が購入することができます。

手数料や運営によるマーケット介入がなく、クリエイターは作品の販売により、自身が設定した価格を100%受け取ることが可能です。手数料のないメルカリのようなものです。

サンドボックスを
ベースにしたゲーム

– MUSHROOM MANIA –

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

巨大な荒野を探検。キノコのモンスターを倒し、すべてのパズルをクリアしよう

DRACULA’S CASTLE

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

ドラキュラの城「ヴァン・ヘルシング」をモチーフにした魔物ハンターをプレイしよう

– SHINYTURES –

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

辺境の惑星で失われた生物を復活させよう


サンドボックス
仕組み

サンドボックスは4つのネイティブトークンによって構成されています。

  • SAND(サンドボックスの通貨として機能するERC-20トークン)
  • LAND(デジタルランドの区画を表すERC-721トークン)
  • ASSET(キャラや建物などゲーム内で作成できるERC-1155トークン)
  • GAME(ゲーム内で作成できるゲームERC-1155トークン)

ERC-20トークンと
ERC-721トークンの
違い

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

SANDのようなERC-20トークンは、他のERC-20トークンと互換性があることを意味するFungible(代替可能)トークンです。

LANDのERC-721トークンは独自性を持っています。このトークンはNFT(Non-Fungible Tokens)と呼ばれており、互換性がありません。

代替え不可な土地など、世界に一つだけのアイテムを作るのに適しています。

ERC-1155トークンは、エンジンコイン(Enjin Coin)の開発チームによる独自のトークン規格です。 このトークン規格によって、ゲームアイテムの裏付けにEnjin Coinがスマートコントラクトで格納されているというような仕組みになっています。

サンドボックスを
管理するDAO

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

サンドボックスを支配するすべての決定はDAO(分散自律組織)によって管理されています。

DAO(Decentralized Autonomous Organization)は、主要な資産やスマートコントラクトを管理しています。

SANDトークンはガバナンストークンでもあるので、DAOを介してユーザーがプラットフォームのガバナンスに参加することが可能です。

SANDを保有するプレイヤーやクリエイターは、DAOを通じてこの仮想世界が将来どのように運営されるか(機能面の決定事項、プロジェクトに関する事項・許可、各料金面の決定事項など)を決定する投票権を持ちます。

SANDオーナーは、自ら投票することも、投票権を任意の他のプレイヤーに委任することもできます。


SAND / 通貨

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

SANDとは?

SANDとはサンドボックスで使用できる通貨のことです。

SANDの概要

1 SAND約0.60ドル
(2021/3時点)
時価総額約4.1億ドル
(2021/3時点)
時価総額ランキング136位
(2021/3時点)
最大供給量3,000,000,000 SAND

ユーザーはSANDを使っていろいろな体験ができます。

  • 有料ゲームをプレイする。
  • アバターをカスタマイズする。
  • ASSETを購入する。
  • LANDを購入する。
  • GEMを購入する。

海外取引所(Binance, OKEx, Hotbit, Huobi, Global)で購入可能です。DEX(交換取引所)であるUniswapを使って、イーサ(ETH)と交換も可能です。

SANDはカジノやMinecraftなどと違って出金額に制限はありません。

サンドボックスのダッシュボードでERC-20トークンをサポートするウォレット(MyEtherWallet, メタマス, セーフティー, Ledger Walletなど)と接続し格納できます。

SANDの
購入方法は?

海外取引所を利用する際は日本円での取引ができないので、SANDを購入するには次のような手順があります。

海外取引所(BINANCE, Geminiなど)での購入のみとなっています。

現在SANDを取り扱っている国内取引所はありません。

おすすめの海外取引所
バイナンス(BINANCE)

  • 取り扱っている仮想通貨の種類が最大260種類
  • 手数料の安さ。国内取引所は手数料が10%近く取られますが、バイナンスは0.1%と100倍違います。
  • 日本語サイトが用意されている

ただ海外取引所を利用することに抵抗があるという方は、国内取引所を利用して他のコインへの投資を行いながら、SANDが上場し購入できる日が来るのを待ちましょう。

おすすめ国内取引所はコインチェックです。

サンドボックスはコインチェックとNFTマーケットプレイス事業で提携を開始しました。

SANDは現状、国内取引所での扱いがありませんが、コインチェックでの上場が期待されます。

  • 取り扱っている仮想通貨の種類が豊富。16種類と国内最多
  • 円建てで500円からの少額での購入が可能
  • SAND以外のNFT関連銘柄も上場する可能性がある

SANDを
稼ぐ方法は?

  • ASSETを売却する。
  • LANDを売却する。
  • ステーキングに参加する。

ユーザーは自ら作成したASSET(ゲームの装備など)や取得したLANDを売却することで、SANDを獲得することができます。

またステーキングに参加できます。SANDを一時的に預け、サンドボックスの一員となる関係への見返りとして報酬を受け取ることができるという仕組みです。

第1回「サンドボックス・リクイディティ・マイニング・ステークス」がローンチされ、2021年2月現在Uniswap上にロックされているSANDが200万ドル相当以上あります。


LAND / 土地

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

LANDとは?

LANDとはサンドボックスの土地のことです。Ethereum BlockchainにNFTの形で作成されています。

クリエイターはLANDの上に作品を構築することができます。

販売・流通

2019年12月、初のゲーム内仮想不動産LANDのプレセールは4時間で完売。そのうちのいくつかは数分で完売し、100万米ドル以上の売上を達成しました。

2020年3月に行われたLANDプレセールは20分で完売となり、1,300ETHを超える資金を調達しています。

2020年10月には、2つのESTATE(6×6)が210ETHで販売されており、販売時点で76,000ドル以上の価値があるとされていました。サンドボックスの共同設立者であるSébastien Borgetによると、この2つのESTATEは記録的な販売であり、ATARIのテーマパーク地域のすぐ隣に位置しています。

2021年4月現在、16万6,000件以上のLAND NFTのうち45%(76,349LAND)がすでに販売されたようです。

LANDは非常に高い注目を集め、個人のプレイヤーのみならずコインチェックやバイナンスなどの大手企業からも購入が相次いでいます。

Binanceなど、多くのLANDを所有している大地主や、Atari、Rollercoaster Tycoon、Care Bears、Smurfs、Shaun the Sheep、Square EnixなどのLPのおかげで、新しいコンテンツに対する需要は常に増加しています。

2021年2月時点で3,500人の地主、LAND全体の価値は2,500万ドルに相当します。

サンドボックスの土地を購入したい場合、プレセールイベントに参加することができます。このイベントでは、当初の価格または割引価格により提供されます。

セカンドマーケット(転売)ではすでに大きく値段が上がっています。

概要

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

土地の種類は3つあります。いずれも売買可能です。

①LAND
LANDは土地の最小基本単位です。1LANDは、96メートル(縦) x 96メートル(横) x 128メール(高さ)。1アバターが1メートル x 1メートルですので、1LANDでも十分に広い空間です。ですが、1人の人間が管理できないほどの大きさではありません。LANDの最大供給数は166,464個です。

ESTATE
ESTATEは複数の隣接しているLANDを組み合わせたものです。最小サイズのESTATEは3×3(9LAND)。S、M、L、XLと四つあり、それぞれ9、36、144、546のLANDで構成されます。ESTATEには、より大規模で没入感のあるオンライン体験を実現するための可能性が秘められています。

DISTRICT
複数の隣接しているESTATEを組み合わせたものです。各DISTRICTには、最低2人のオーナーがいなければなりません。各オーナーは、一定量のSANDを出資する必要があります。そしてDISTRICTの承認は投票で行われます。

LANDで
何ができるか?

  • LANDを売買/賃貸
  • LAND内で作成されたアイテムやコンテンツを売買
  • ゲームやミュージックライブに課金して参加
  • など…


The SANDBOX
FUND(財団)

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

200万ドルのGame Maker Fundは、サンドボックスにとってゲームを「構築」「共有」「収益化」できる能力を持つ選ばれたクリエイターに資金を提供するため、2019年10月に設立されました。

このファンドは財団のDAOが監督しており、その役割はサンドボックスのエコシステムをサポートすることであり、サンドボックスの高品質なコンテンツやゲーム制作を奨励するために助成金の提供を管理しています。

2021年に発売予定のATARIやスクウェア・エニックスのライセンスベースのゲームを含め、15以上のゲームプロジェクトが財団の支援を受けてすでに制作されています。

メタバースの全体的な評価は、財団が資金提供したすべてのゲームの評価によって上昇し、さらに大規模なゲームや体験の資金提供を可能にする好循環を生み出します。

注意点

デメリットとリスク

まだわからない

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

リリースすらされておらず、まだ誰も実際にはゲームをプレイしていない状態です。

リリースしたものの、前評判に対してゲームが満足できない、バグでまともに遊べないなど、ゲーム業界でよくある話です。

そして現在実態を伴っていない、いわゆる先行投資によるバブル状態です。

LANDの相場は数万円〜数十万円と高額で、誰もが気軽にLANDを購入してアイテムやコンテンツを作って遊べるはいえません。

人気度

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

同じようなゲームとして、Minecraftがあります。Minecraftの名前は知っているが、サンドボックス?なんて方も多くいらっしゃると思います。

Minecraftのゲームダウンロード数はサンドボックスの約5倍です。

Minecraftは現在ブロックチェーンに対応していませんが、今後ブロックチェーンゲーム業界に参入する可能性は高いです。そうなるとサンドボックスが選ばれる優位性が求められます。

現実不動産と
似ている

デジタルランドへの投資のリスクは、現実世界の不動産を購入するのとよく似ています。

サンドボックスへの投資は今が時期なのかを十分見極める必要があります。

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

土地を買ったものの、周辺環境が悪化しても手放すことができなくなるかもしれません。

また他の新しいセクションが出現してトラフィックを奪い、以前の人気のエリアがゴーストタウンになってしまうかもしれません。

さらに悪いことに、優れたプラットフォームが登場してサンドボックス全体が時代遅れになる可能性もあります。

不動産が有限である地球とは異なり、仮想世界は無限に作ることができます。

どのようなものが大衆の想像力を、それを維持できるかは「時の試練」となるでしょう。


その他ニュース

コインチェック

▼コインチェックは2021年2月に購入したLAND33区画の一部を、4月5日に自社が手がけるNFTマーケットプレイス Coincheck NFT(β版)にて販売。

The SANDBOX(サンドボックス)とは?|ゲームであり、ゲームではない

▶︎サンドボックスのLANDやNFTを購入する国として、日本はトップ5に入る

▶︎Geekhash(日本の暗号マーケティング会社。Dapp.comの代理店でもある)とのコラボレーションを開始。ミートアップDevcon5 Blockchain Game meetup、Tokyo Blockchain Games Meetupを開催。Twitterを開設し、600人のフォロワーを獲得し、月間50,000インプレッションを達成した。

▶︎サンドボックスはビジョンを実行するためにシニアチームを編成。アルゼンチンに24、フランスに11、韓国に2、日本に1の割合で配置。チームには、AAA企業のビデオゲーム専門家や、ERC-1155 NFTトークン規格を共同執筆した一流のブロックチェーンエンジニアなどが含まれる。

▶︎DappRadarが発表した「Top 50 Blockchain Games Companies of 2020」レポートにおいて、サンドボックスは13位、Animoca Brandsは5位にランクイン

▶︎韓国での1,000人のクリエイターとメンバーが参加しており、現在も増加中です。SBSソウルゲームアカデミーとのパートナーシップを公式化(韓国内の8つのキャンパスで2,000人の学生にリーチ)。

▶︎ヘビーメタルバンドのAvenged Sevenfoldも、サンドボックスのLANDを購入しています。


結論 / まとめ

サンドボックスは発売前にもかかわらず、非常に人気で最も期待されているゲームの一つです。

このプロジェクトは、まだLANDをプレイヤーやゲームメーカーに販売する段階にあります。

Animocaの支援を受け、Binance、Atari、The Smurfsなどのビッグブランドとのパートナーシップも構築しています。

まだLANDは比較的安めです。ビッグブランドの横の土地をぜひ狙ってみてください。このゲームは発売されればすぐにヒット商品になるでしょう。

おすすめ記事